税理士法人タクトコンサルティングは相続対策・贈与・譲渡・事業承継など資産税専門の会計事務所です。相続税申告、遺産分割、生前贈与、民事信託・商事信託等、相続コンサルティング専門の税理士集団です。

TACTニュース

税制改正の記事一覧46件の記事

No.748 2018.08.13 事業承継税制改正
既に非上場株式に係る贈与税の納税猶予の適用を受けている場合の贈与税の特例措置の適用
PDF

平成30年度の税制改正の目玉の一つとなっているのが、事業承継税制の特例です。今回は、平成29年以前に事業承継税制の適用を受けていた場合において、事業承継税制の特例措置の適用が受けられるかどうかについて、整理しました。

No.747 2018.08.06 事業承継税制改正
中小企業・小規模事業者の再編・統合等に係る登録免許税・不動産取得税の軽減措置
PDF

中小企業などでの事業承継で、後継者がいないといった理由からM&Aで事業を引き継いでもらうケースも散見されます。これについては改正中小企業等経営強化法でM&Aによる事業承継も支援対象とされ、平成30年度
の税制改正では、登録免許税・不動産取得税の軽減措置が盛り込まれました。今回は、その内容を整理しました。

No.745 2018.07.17 事業承継税制改正
非上場株式の贈与税の納税猶予の特例における贈与者の要件(租特法70条の7の5)
PDF

平成30年度税制改正で事業承継税制の特例として創設された表題の制度のポイントの一つとなるのが、特例が適用される「株式の贈与者」の要件です。今回はその要件について、整理しました。

No.744 2018.07.09 事業承継税制改正
贈与税の新・事業承継税制:後継者が有する持株会社が筆頭株主の場合の適用の有無
PDF

中小企業の事業承継では、持株会社を利用して事業承継をすべき会社の株式を次世代の経営者に移転する方法が採用されることがあります。そこで、持株会社が事業承継の対象会社の株式の筆頭株主になった場合には新しい
事業承継税制が適用できるかどうかが問題になってきます。今回はこの問題を整理しました。

No.742 2018.06.25 相続対策と相続税申告税制改正
一般社団法人等の税制改正が実務にどう影響するか?
PDF

平成30年度税制改正では、特定の一般社団法人等に対する相続税の課税に関し制度が整備され、一般社団法人に資産を移転し、相続税を免れるなどの行き過ぎた節税が規制されることになりました。今回は、規制が及ぶ範囲を考えてみました。

No.741 2018.06.18 法人税税制改正
給与の引き上げと設備投資等を行った場合の法人税の特別控除
PDF

サラリーマンなどへの給与を一定程度あげるほか、設備投資も一定要件をみたすと法人税の税額控除を適用できる特例が注目されています。今回は特例の条件などについてまとめました。

No.738 2018.05.28 相続対策と相続税申告税制改正
小規模宅地等の評価減-『家なき子』
PDF

平成30年度の税制改正では相続で住まいに困らないようにするための特例である「小規模宅地等の評価減」が見直されました。具体的には「家なき子」の要件画見直されました。今回はこの改正にスポットを当てました。

No.719 2018.01.09 税制改正
平成30年度税制改正大綱・住宅税制の主な改正項目
PDF

平成30年度税制改正大綱では、期限切れとなる住宅税制の延長や拡充が盛り込まれました。今回は、その項目を整理しました。

No.717 2017.12.19 税制改正
速報!平成30年度税制改正案 ~税制改正大綱に盛り込まれた相続税・贈与税・個人所得課税等の主な項目は次のとおり~
PDF

与党は12月14日、平成30年度税制改正大綱を取りまとめました。今回は、その大綱に基づく資産税関連の項目についてスポットを当てました。

No.710 2017.10.23 相続対策と相続税申告税制改正
平成29年度税制改正:相続税の物納できる財産の順位と種類の見直し
PDF

相続税は金銭で納付することが原則でです。しかし、分割払いでも金銭納付が困難な場合には、金銭以外の一定の相続財産を国に納めることを許可する物納制度が用意されています。今回は、納めることのできる相続財産に関する定めの見直しについてまとめました。

No.702 2017.08.28 事業承継税制改正
平成29年度改正:非上場株式等に係る相続税の納税猶予における雇用確保要件の計算の見直し
PDF

平成29年度税制改正で、事業承継税制の使い勝手を向上させる改正が行われました。今回取り上げるのは、その施策のうちの一つ、「雇用確保要件」の計算の見直しです。ここでは改正の背景と計算方法についてまとめました。

No.698 2017.07.24 不動産と税務税制改正
タワーマンション(居住用超高層建築物)に係る固定資産税の改正
PDF

海外の投資家からも注目されている国内のタワーマンションについては、平成29年度税制改正で固定資産税の税額の計算方法が見直されました。今回はその内容についてまとめ、相続税評価額への影響が及ばなかったこと
の意味あい等について考察しました。

No.696 2017.07.10 事業承継相続対策と相続税申告税制改正
平成29年度改正:非上場株式等に係る贈与税の納税猶予打切り時の相続時精算課税の適用
PDF

事業承継税制の使い勝手が向上する改正項目として歓迎されているのが、相続時精算課税制度の適用です。今回は、改正の内容についてまとめました。

No.694 2017.06.26 相続対策と相続税申告税制改正
国内・国外財産に対する相続税・贈与税の納税義務の範囲の改正
PDF

平成29年度税制改正の目玉の一つともなっているのが、表題の改正事項です。
これは、高度外国人材の受入れの促進と国際的な租税回避に対する制度整備の一環として行われたものです。今回は、改正内容について、まとめました。

No.692 2017.06.05 相続対策と相続税申告税制改正
取引相場のない株式の評価に係る財産評価基本通達 一部改正 ~類似業種比準価額の計算方法について~
PDF

取引相場のない株式の評価に関する財産評価基本通達が改正されました。
これは平成29年度税制改正大綱で改正の指示が出ていたものです。今回は類似業種比準価額の計算方法の改正点についてまとめました。

No.691 2017.06.05 法人税税制改正組織再編
平成29年度税制改正によるスクイーズ・アウトの見直し
PDF

事業承継や会社の支配権を強化する等のため、少数株主から強制的に株式を買取るスクイーズ・アウトが行われることがあります。平成29年度税制改正では、スクイーズ・アウト課税の見直しが行われています。今回はそ
の改正について、まとめました。

No.690 2017.05.29 相続対策と相続税申告税制改正
取引相場のない株式の相続税法上の評価の改正~会社規模の判定基準の見直し~
PDF

平成29年度税制改正大綱で触れられていた取引相場のない株式の評価の見直しが、パブリックコメントの手続きを経て国税庁から公表されました。今回は、改正の内容のうち会社規模の判定基準についてまとめました。

No.680 2017.03.13 税制改正
平成29年度税制改正大綱より 外国子会社合算税制の総合的見直し(その2)
PDF

29年度税制改正におけるタックスヘイブン税制の改正に関する解説の2回目です。今回は、外国関係会社のうち一定の受動的な所得についてのみ合算課税される会社や合算所得の範囲、計算方法等についてまとめました。

No.677 2017.02.20 税制改正
平成29年度税制改正大綱より 外国子会社合算税制の総合的見直し(その1)
PDF

いわゆるタックスヘイブン税制が、今度の税制改正大綱で改正されることが明らかになっています。今回は、所得が合算される外国子会社の範囲や、合算される所得の範囲についてまとめました。

No.670 2016.12.13 税制改正
速報!平成29年度税制改正案
PDF

与党は12月8日平成29年度税制改正大綱を明らかにしました。ここでは個人の資産に係る相続税・贈与税を中心に、企業オーナーの給与や配偶者控除の見直しなどを取り上げます。