News

TACTニュース不動産と税務

Page : 1 / 5

No.913
2023.05.15 不動産と税務相続対策と相続税申告

親の土地を無権代理で売買、引渡し前に相続開始で税金紛争

今月のテーマは相続・贈与の税務です。今回は、意思能力の弱い被相続人の土地を相続人が無権代理で売却契約した直後、相続が開始したケースで、相続財産は土地になるか、売買の残代金請求権になるかが争われた事例を紹介します。

No.912
2023.04.24 不動産と税務法人税消費税

法人が土地と建物を一括取得した場合の法人税・消費税における適正な取得価額の区分

今月のテーマは不動産の税務です。今回は、法人が土地と建物を一括して取得した場合のその取得価額の区分の適正な方法について、まとめました。

No.911
2023.04.10 不動産と税務相続対策と相続税申告

建物敷地以外の駐車場が貸家建付地として認められる場合

今月のテーマは不動産の税務です。今回は、建物の敷地と一体利用されている駐車スペースが相続税の財産評価上、貸家建付地に該当する場合・しない場合について、裁決事例からポイントを拾いました。

No.909
2023.03.13 不動産と税務

不動産購入5か月後、子どもへの贈与で税金トラブル

No.908
2023.02.27 不動産と税務

建物取壊費用を譲渡費用にする場合のポイントは?

今月は、譲渡所得がテーマです。今回は、土地を売却する場合に、その上にある建物を取り壊した場合の費用について、譲渡所得の計算上譲渡費用と認められるかどうかが争点となった裁決事例を取り上げます。

No.907
2023.02.13 不動産と税務譲渡所得

交換差金等の支払いを受けた場合の所得税の固定資産の交換特例の取扱い

今月は、譲渡所得がテーマです。今回は、固定資産の交換の特例で、交換差金等の支払いを受けた場合について、取扱いを整理しました。

No.902
2022.11.28 不動産と税務事業承継相続対策と相続税申告

小規模宅地等特例:相続人の継続事業への関与度合いが問われた事例

今月のテーマは事業承継です。小規模宅地等の特例のうち特定事業用宅地等を相続し事業を継いでいく形態は、古くからある事業承継の形態の一つです。今回は、特定事業用宅地等で特例の適用を受ける場合、どのような事業への関与が求められるのかについて争われた事例を紹介します。

No.899
2022.10.11 不動産と税務

親の駐車場を使用貸借で子が借りた場合の駐車場収入の帰属

今月のテーマは所得税です。親が駐車場として第三者に貸していた土地を使用貸借で子に貸した場合の駐車場収入は、本来誰の所得になるのかが争点になった裁判の控訴審判決について紹介します。

No.897
2022.09.20 不動産と税務相続対策と相続税申告

土地の地目等は、相続時の利用状況をもとに判断すべきとした裁決

今月のテーマは相続税です。今回は共同住宅の敷地として建築確認申請し、建築後に敷地の一部の用途を駐車場にしたケースにおいて、画地をどのように判定するかが問題になった裁決事例を紹介します。

No.896
2022.08.22 不動産と税務譲渡所得

譲渡所得の金額の計算上、総収入金額を契約効力発生日基準により確定させる場合の留意点

今月のテーマは所得税です。今回は不動産などを売った場合の譲渡所得を計算する際、契約が発効した日をもって収入があったとする場合において気を付けるべきことについて考えました。

No.895
2022.08.08 不動産と税務譲渡所得

特定事業用資産の買換特例を巡る最近の税金トラブル

今月のテーマは所得税です。今回は譲渡所得課税の特例である「特定の事業用資産の買換特例」で買換資産の取得価額について、争いとなった事例を紹介します。

No.893
2022.07.11 不動産と税務相続対策と相続税申告

土地と接する道路に工作物等がある場合の10%評価減の適否

今月のテーマは相続税です。今回は、土地評価の際に「付近の土地の利用状況と比較して利用価値が著しく下がっている」場合に適用がある取扱いの「10%評価減」を巡る最新裁決事例を紹介します。

No.891
2022.06.13 不動産と税務譲渡所得

低未利用地等を譲渡した場合の100万円特別控除の適用状況

今月のテーマは譲渡所得課税です。今回は、低未利用土地等を譲渡した場合の100万円特別控除の適用状況と制度の概要をお伝えします。

No.889
2022.05.16 不動産と税務相続対策と相続税申告

土地評価で土壌汚染浄化等費用が控除されるかどうかで争われた事例

今月のテーマは相続税です。今回は、土壌汚染が見つかった土地の相続税評価で、浄化・改善費用が控除できるかどうかが争われた最新裁決事例を紹介します。

No.888
2022.04.27 不動産と税務

リストラで借換えた賃貸不動産の借入金の利子が必要経費になる範囲

今月のテーマは所得税です。今回は、賃貸不動産経営のリストラに伴って、不動産の一部売却と借入金圧縮を経て、事業を継いだ相続人が借入金利子の必要経費算入をめぐって、税務署とトラブルになった事案の裁判事例を紹介します。

No.887
2022.04.11 不動産と税務信託譲渡所得

【Q&A】相続不動産に信託契約を締結し、信託受益権として譲渡した場合の取得費加算の特例

今月のテーマは所得税です。相続不動産を信託財産として、その信託受益権を譲渡した場合、相続財産を譲渡した場合に適用できる取得費加算の特例が、信託受益権の譲渡でも適用できるかに関し、まとめました。

No.885
2022.03.15 不動産と税務相続対策と相続税申告

利用価値が著しく低下している宅地(忌み施設近接)評価の現在

今月のテーマは、相続税です。今回は相続した土地の近くにお墓がある場合の土地の相続税評価について、審査請求でお墓が忌み施設として土地の価格を下げる影響があるかどうか争われた事例を紹介します。

No.884
2022.03.01 不動産と税務譲渡所得

建物の取壊費用等が土地の取得費になるかどうかで争った事例

今月のテーマは、所得税です。今回は土地とともに取得した建物を取壊した場合の損失と取壊し費用に関する取扱いです。取得後の時期によっては、土地の取得費になる場合があり、それが争点になった事例を紹介します。

No.883
2022.02.14 不動産と税務譲渡所得

【Q&A】譲渡所得の計算上、概算取得費で申告後に実際の取得費が判明した場合の更正の請求

今月のテーマは、所得税です。譲渡所得の計算は、譲渡収入金額から取得費と譲渡費用を控除して求めます。しかし相続で取得した不動産などの場合、取得費がわからないことが往々にしてあります。その際概算取得費で譲渡所得の計算をすることができます。今回は、実際の取得費が後で分かった場合の対応についてまとめました。

No.882
2022.01.31 不動産と税務

区分所有建物の敷地への小規模宅地特例の適用(生計一が問われる場合)

今月のテーマは、相続税です。今回は、小規模宅地等の特例の適用のカギとなる「生計一」が問われるケースにおいて、検討されるべきポイントについて、裁決事例からまとめました。