税理士法人タクトコンサルティングは相続対策・贈与・譲渡・事業承継など資産税専門の会計事務所です。相続税申告、遺産分割、生前贈与、民事信託・商事信託等、相続コンサルティング専門の税理士集団です。

TACTニュース

その他の記事一覧25件の記事

No.793 2019.07.16 その他
消費税の免税事業者になれない新設法人
PDF

新設された法人が、消費税の免税事業者になるか、それとも課税事業者になるかは、消費税の取扱いを考えていくうえでポイントになる事項です。今回はタクトニュース№788号に続いて消費税の免税事業者になれない新設法人で新設分割法人等以外の場合についてまとめました。

No.788 2019.06.10 その他
消費税の納税義務の免除の原則と分割等による新設分割法人等の特例(法人の場合)
PDF

消費税は、2期前の事業年度の課税売上高が1千万円以下の場合、納税義務が免税されます。もちろん、課税事業者選択届出書を提出していれば、消費税の還付を受けることも出来ます。しかし、その手続きを踏まなくても消費税の納税義務が課される新設法人もあります。今回は、そうした新設法人についてまとめました。

No.775 2019.03.04 その他税制改正
広がる税務当局による情報収集の手法
PDF

平成31年度税制改正大綱の中で、1つのハイライトと言えるのが国税局長による「特定事業者等への報告を求める制度」の創設です。インターネット取引やシェアリングビジネスの取引の相手方、取引の場を提供する事業
者に対し一定の取引当事者の氏名・住所などを報告させるというものです。今回は、この制度にスポットを当てました。

No.769 2019.01.18 その他
2023年10月からの消費税の仕入税額控除・・適格請求書等保存方式
PDF

消費税は、大まかに売上げで受け取った消費税から、仕入れにかかった消費税を控除した差額を納税する仕組みになっています。そこでポイントになるのが、仕入れにかかった消費税がいくらになるかの証拠をそろえることです。2023年10月からは「適格請求書等保存方式」が導入されます。今回は、「適格請求書等保存方式」についてまとめました。

No.758 2018.10.22 その他
民法改正 ~遺留分~
PDF

民法の相続に関する規定の改正が行われ、今年7月に公布されています。今回は、この中から遺留分に関連する規定の見直しなどについて、まとめました。

No.755 2018.10.01 その他不動産と税務
離婚時の財産分与と第二次納税義務の話
PDF

離婚する場合には、財産分与するケースが少なくありません。今回は、その財産分与を巡り、財産を分与した当事者が国税の滞納者だった場合、財産を受け取ったもう一方の当事者に第二次納税義務が負わされた裁判について、まとめました。

No.754 2018.09.25 その他
民法改正 ~自筆証書遺言~
PDF

先ごろ改正法が成立した相続に関する民法の規定は、現在注目の的です。このうち、最も早く改正事項が実施されるのが、今回のテーマである自筆証書遺言に関する規定です。今回は、改正の中身やメリット・デメリット、公正証書遺言との比較についてまとめました。

No.746 2018.07.23 その他
民法改正 ~配偶者居住権の創設~
PDF

民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律が先ごろ成立し公布されました。
これは、「高齢化の進展等の社会経済情勢の変化に鑑み、相続が開始した場合における配偶者の居住の権利及び遺産分割前における預貯金債権の行使に関する規定の新設、自筆証書遺言の方式の緩和、遺留分の減殺請求権の金銭債権化等を行う」ため行われた改正です。今回は改正の白眉である「配偶者居住権」について整理しました。

No.739 2018.06.05 その他
個人事業者に相続があった場合の消費税の納税義務の判定
PDF

個人で事業を行っている人に相続が開始した場合には、相続人の方で消費税の問題も生じます。今回は、納税義務の判定の考え方などについてまとめました。

No.730 2018.03.26 その他
株主総会の決議要件と主な決議事項
PDF

株主総会は非上場の中小企業であてってもゆるがせにできないものです。
たとえば自己株式の取得に関わる重要な事項はこれにより決議することが求められるからです。
今回はその決議要件と主な決議事項についてまとめました。

No.715 2017.12.04 その他
高額特定資産を取得した場合の消費税の納税義務の免除の特例
PDF

賃貸共同住宅などを建てるのに伴い、飲料の自動販売機などを設置して建物に係る消費税の還付を受けようとする動きを抑える税制改正は、これまで数次にわたり、行われてきました。今回は、その概要をまとめました。

No.703 2017.09.04 その他不動産と税務相続対策と相続税申告
広大地評価廃止、「地積規模の大きな宅地の評価」が新設
PDF

面積の大きい「広大地」の相続税評価の方法が変わります。これは平成29年度税制改正大綱で指示されていたものです。今回はパブリックコメントに付された国税庁の改正案について、まとめました。

No.699 2017.08.07 その他相続対策と相続税申告
外国の法律に基づいて作成された遺言書の日本における有効性
PDF

日本国籍を持つ人でも海外に居住するケースは、珍しいものではなくなりました。こうしたなか、相続を見据えて海外で遺言書を作成した場合、国内でその扱いはどうなるのか、気になるところです。今回はこの問題につ
いて整理しました。

No.689 2017.05.18 その他
素敵な生き方、お金の使い方「自宅を楽しむ」
PDF

平成25年住宅・土地統計調査によると、55歳以上の家計主が住宅を保有している割合が約70%となっているそうです。まだまだこれからの人生がある人にとって、自宅をどうするかという問題は今後さらに重要度を高めてい
くことでしょう。今回は、その問題に向き合う人々の考え方に迫りました。

No.660 2016.10.11 その他相続対策と相続税申告
被相続人の住所地認定の誤りにより重加算税の処分が取消に
PDF

相続税の納税地は被相続人の死亡時における住所地とされています。この住所地をめぐって納税者と税務署が争たケースが明らかになりました。今回はこの争いについて、裁決に基づきまとめました。

No.647 2016.06.27 その他
会社法が定める「株式会社が株主との合意により自己株式を取得する方法」とは
PDF

今回は、株式会社が株主との合意により自己株式を取得する方法について、全株主を対象にする場合と相続人等特定の株主を対象にする場合とに整理して手続きの流れをまとめました。

No.631 2016.02.22 その他
日本の給与所得者が海外の支店等に転勤・出向する場合の税務
PDF

国内で会社勤めの人が国外の支店等での勤務を命じられる等した場合、確定申告等の手続きが必要になります。今回は、給与所得のほかに国内源泉所得となる不動産所得等の副収入がある人の場合も含め、手続き等について整理しました。

No.627 2016.01.25 その他不動産と税務
たまたま土地の譲渡があった場合の消費税の課税売上割合
PDF

事業者はリストラのため事業用土地の譲渡を行う場合があります。
土地の譲渡は消費税の非課税取引とされ、その対価は一般に大きな額になりますが、そのためその譲渡があった課税期間の課税売上割合は大きく低下します。今回はその場合の対応方法を整理しました。

No.607 2015.08.17 その他税制改正
財産債務調書における財産の価額の算定方法
PDF

来年から一定の資産家等に提出が義務付けられる「財産債務調書」には、財産の種類、数量、価額等を記載することとされています。そこで問題となるのが財産の価額の算定方法です。今回は国税庁が明らかにした通達等に基づいて、まとめました。

No.602 2015.07.14 その他税制改正
建物の請負工事等に係る消費税の経過措置
PDF

消費税の税率が平成29年4月1日から10%に引き上げられるのに伴い、この時期をまたいで資産の引き渡し等が行われる特定のケースについて、消費税の経過措置が設けられます。今回は、経過措置の概要と建築請負工事等に係る経過措置について整理しました。