News

TACTニュースその他

Page : 1 / 1

No.805
2019.10.21 その他

住宅ローン控除・・・マイホームに入居し控除を開始した後に転勤を命じられたら

住宅ローンを組んでマイホームを購入し6か月以内に入居した場合には、原則として住宅ローンの年末残高を計算の基礎とした所得税の住宅ローン控除制度の適用が受けられます。今回は、控除でる期間中に、転勤などによってやむを得ず転居した後、元の住宅に戻ってきた場合の措置についてまとめました。

No.775
2019.03.04 その他税制改正

広がる税務当局による情報収集の手法

平成31年度税制改正大綱の中で、1つのハイライトと言えるのが国税局長による「特定事業者等への報告を求める制度」の創設です。インターネット取引やシェアリングビジネスの取引の相手方、取引の場を提供する事業者に対し一定の取引当事者の氏名・住所などを報告させるというものです。今回は、この制度にスポットを当てました。

No.758
2018.10.22 その他

民法改正 ~遺留分~

民法の相続に関する規定の改正が行われ、今年7月に公布されています。今回は、この中から遺留分に関連する規定の見直しなどについて、まとめました。

No.755
2018.10.01 その他不動産と税務

離婚時の財産分与と第二次納税義務の話

離婚する場合には、財産分与するケースが少なくありません。今回は、その財産分与を巡り、財産を分与した当事者が国税の滞納者だった場合、財産を受け取ったもう一方の当事者に第二次納税義務が負わされた裁判について、まとめました。

No.754
2018.09.25 その他

民法改正 ~自筆証書遺言~

先ごろ改正法が成立した相続に関する民法の規定は、現在注目の的です。このうち、最も早く改正事項が実施されるのが、今回のテーマである自筆証書遺言に関する規定です。今回は、改正の中身やメリット・デメリット、公正証書遺言との比較についてまとめました。

No.746
2018.07.23 その他

民法改正 ~配偶者居住権の創設~

民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律が先ごろ成立し公布されました。これは、「高齢化の進展等の社会経済情勢の変化に鑑み、相続が開始した場合における配偶者の居住の権利及び遺産分割前における預貯金債権の行使に関する規定の新設、自筆証書遺言の方式の緩和、遺留分の減殺請求権の金銭債権化等を行う」ため行われた改正です。今回は改正の白眉である「配偶者居住権」について整理しました。

No.730
2018.03.26 その他

株主総会の決議要件と主な決議事項

株主総会は非上場の中小企業であてってもゆるがせにできないものです。たとえば自己株式の取得に関わる重要な事項はこれにより決議することが求められるからです。今回はその決議要件と主な決議事項についてまとめました。

No.703
2017.09.04 その他不動産と税務相続対策と相続税申告

広大地評価廃止、「地積規模の大きな宅地の評価」が新設

面積の大きい「広大地」の相続税評価の方法が変わります。これは平成29年度税制改正大綱で指示されていたものです。今回はパブリックコメントに付された国税庁の改正案について、まとめました。

No.699
2017.08.07 その他相続対策と相続税申告

外国の法律に基づいて作成された遺言書の日本における有効性

日本国籍を持つ人でも海外に居住するケースは、珍しいものではなくなりました。こうしたなか、相続を見据えて海外で遺言書を作成した場合、国内でその扱いはどうなるのか、気になるところです。今回はこの問題について整理しました。

No.689
2017.05.18 その他

素敵な生き方、お金の使い方「自宅を楽しむ」

平成25年住宅・土地統計調査によると、55歳以上の家計主が住宅を保有している割合が約70%となっているそうです。まだまだこれからの人生がある人にとって、自宅をどうするかという問題は今後さらに重要度を高めていくことでしょう。今回は、その問題に向き合う人々の考え方に迫りました。

  • 1