税理士法人タクトコンサルティングは相続対策・贈与・譲渡・事業承継など資産税専門の会計事務所です。相続税申告、遺産分割、生前贈与、民事信託・商事信託等、相続コンサルティング専門の税理士集団です。

TACTニュース

事業承継の記事一覧27件の記事

No.726 2018.02.26 事業承継
非上場株式の贈与税・相続税が非課税になる!?
PDF

平成30年度税制改正の目玉の一つが事業承継税制の特例の創設です。現行の事業承継税制のネックになっている要件等が緩和された時限措置です。今回は、その事業承継税制にスポットを当てました。

No.725 2018.02.19 事業承継相続対策と相続税申告
事業(経営権)の承継における種類株式の活用
PDF

会社法では、権利内容の異なる複数株式、つまり種類株式を発行することができます。これを利用した事業承継の方法がいろいろ考えられています。
今回は、種類株式の活用事例と相続税評価について、まとめました。

No.707 2017.10.02 事業承継
事業承継税制の最近の適用動向
PDF

事業承継税制が拡充され、適用のハードルが下がってきました。今回は、最近の事業承継税制の適用動向をレポートしました。

No.702 2017.08.28 事業承継税制改正
平成29年度改正:非上場株式等に係る相続税の納税猶予における雇用確保要件の計算の見直し
PDF

平成29年度税制改正で、事業承継税制の使い勝手を向上させる改正が行われました。今回取り上げるのは、その施策のうちの一つ、「雇用確保要件」の計算の見直しです。ここでは改正の背景と計算方法についてまとめました。

No.696 2017.07.10 事業承継相続対策と相続税申告税制改正
平成29年度改正:非上場株式等に係る贈与税の納税猶予打切り時の相続時精算課税の適用
PDF

事業承継税制の使い勝手が向上する改正項目として歓迎されているのが、相続時精算課税制度の適用です。今回は、改正の内容についてまとめました。

No.667 2016.11.28 事業承継
事業承継に役立つ種類株式・属人的株式の活用
PDF

非上場会社の事業承継では、後継者に株式の議決権を集中的に承継させることが重要です。後継者が議決権総数のできれば3分の2以上を保有して会社の意思決定に支障のないようにするために必要だからです。そこで今回
は、そうした事業承継の場面で役に立つ種類株式や属人的株式の利用方法について整理しました。

No.652 2016.08.01 事業承継法人税
【Q&A】法人が個人から非上場株式を時価より低い価額で取得した場合の法人税法上の取扱い
PDF

法人が個人から非上場株式を取得する場合、取引価額をいくらにすべきかという問題に直面します。たとえば非上場株式の時価に比して低額である場合には、時価との差額が受贈益とされ課税される等の問題が生じるからです。今回は法人が買主である場合の非上場株式の税務上の時価の考え方について整理しました。

No.651 2016.07.25 事業承継
個人株主が非上場株式を発行会社に譲渡した場合の税務上の取扱い
PDF

非上場株式を発行する中小企業のオーナー一族の相続問題でしばしば検討されるのが、発行会社による自己株式の買取り、いわゆる金庫株です。今回は、譲受ける会社側と譲渡する個人側の税務上の取扱いを整理しました。

No.645 2016.06.13 事業承継
譲渡制限株式の株主に相続が発生した場合の民法・会社法の取扱い
PDF

会社法では、相続で譲渡制限株式の移転があった場合、発行会社が株主となった者に対し、その株式を会社に売渡すように請求できる旨を、定款で定めることを認めています。今回は、この制度が導入された趣旨と概要について整理しました。

No.628 2016.02.01 事業承継相続対策と相続税申告
【Q&A】相続財産である非上場株式が未分割の場合の相続税計算上の取扱い
PDF

非上場株式の相続税評価のポイントは、相続などにより取得した人が株式発行会社を支配する同族株主グループに入る人かどうかという点です。その違いにより評価の方法が大きく異なるためです。今回は相続財産であ
る非上場株式が未分割の場合、そのポイントについてどのように考えるかについてまとめました。

No.616 2015.11.02 事業承継
27年度改正:非上場株式等に係る贈与税の納税猶予(後継者が代表権を有さなくなった場合)
PDF

事業承継のため生前に株式の贈与を受けて、納税猶予の特例を受けていた後継者がやむを得ない理由で、代表権を持たなくなった場合、納税猶予はどうなるのでしょうか?今回は、この問題についてまとめました。

No.612 2015.10.05 事業承継
27年度改正:非上場株式等に係る贈与税の納税猶予(非上場株式等の再贈与があった場合)
PDF

いわゆる事業承継税制が平成27年度税税制改正で、さらに使いやすく整備されました。今回は、贈与税の納税猶予にかかわる免除制度の改正点について、整理しました。

No.576 2014.12.22 事業承継相続対策と相続税申告
評価会社が自己株式を所有している場合の非上場株式の相続税法上の評価
PDF

会社を立ち上げた創業者に相続が開始した場合、会社が自己株式を買い取ることがあるなど、会社が自己株式を保有する機会は少なくありません。今回は、こうした自己株式を持つ会社の株式を相続税法上の評価についてまとめました。

No.575 2014.12.15 事業承継相続対策と相続税申告
同族会社に対する貸付金の相続税法上の評価(評価通達205)
PDF

被相続人が主催する同族会社に被相続人自身がお金を貸している事例は少なくありません。その場合困るのは、相続財産となるその貸付金の評価です。というのも、多くの場合、かえってこないお金になっていることがあるからです。では、その場合の貸付金の評価はどうしたらよいのか。今回はこのことを裁判例等を引き合いに掘り下げました。

No.574 2014.12.08 事業承継相続対策と相続税申告
非上場会社のオーナー経営者が死亡し、相続人が代償分割を行う場合の税務上の取扱い
PDF

非上場会社のオーナー経営者の相続の場合、財産の大半が経営する非上場会 社の株式ということが少なくありません。このため、会社の経営権の承継を 考えて遺産分割をする場合には、代償分割が分割方法の有力候補になってき ます。今回は、その場合の税務上の取扱いについてまとめました。

No.571 2014.11.17 事業承継相続対策と相続税申告
財産評価基本通達上の「株式保有特定会社」の当否判定の留意点
PDF

非上場の株式会社のうちその会社が「株式保有特定会社」にあたる場合には、その株式の相続税評価は原則として純資産価額方式で算出されることになります。今回は、株式保有特定会社が相続税評価される時期に資産構成を変えることを行った場合について、掘り下げました。

No.570 2014.11.10 事業承継相続対策と相続税申告
【Q&A】評価会社が課税時期直前に合併している場合の非上場株式の相続税評価
PDF

会社オーナーの相続対策として欠かせないのが、会社の株価対策です。今回は、会社合併により非上場株式の相続税評価の引下げ効果と注意点について、掘り下げました。

No.566 2014.10.14 事業承継相続対策と相続税申告
「持分あり」の医療法人の相続税問題と「持分なし」への移行対策
PDF

「社団たる医療法人」の「持分あり医療法人」の出資持分の相続税評価は、すべての出資持分が「原則的評価方式」での評価となるため、高収益の医療法人である場合、出資者の相続時の出資持分の相続税評価額が多額になる結果、相続税の納税方法が悩みとなります。今回はこうした問題と「持ち分なし法人」への移行問題について整理しました。

No.565 2014.10.06 事業承継相続対策と相続税申告
相続財産である非上場株式が未分割である場合の議決権の取扱い
PDF

相続財産である株式は、複数の相続人がいる場合、遺産分割が確定するまでは共有状態となります。今回は、こうした未分割の株式の権利を行使する場合の議決権の考え方等について、整理しました。

No.559 2014.08.25 事業承継相続対策と相続税申告
財産評価基本通達188の「同族株主以外の株主等が取得した株式」の4類型
PDF

取引相場の無い株式の相続税評価のうち、配当還元方式での評価が許されるのは、株式を取得した人が一定の株主のパターンに該当する場合です。今回は、これについて整理しました。