クロストーク

タクトのフレッシュな若手スタッフに、タクトに入社したきっかけや、入社後のイメージ、資産税コンサルティングへの取り組み方、職場環境や働きやすさなどをインタビューしてみました。
※インタビュー内容及び、参加者のプロフィールは2016年当時のものです。

小野寺 太一

小野寺 太一

税理士・公認会計士
入社5年目

飯田 美緒

飯田 美緒

税理士
入社3年目

高橋 大貴

高橋 大貴

税理士
入社2年目

Q.タクトに入社した動機・きっかけをお聞かせください

高橋

高橋

これまでいた事務所は、法人を対象とした連結納税がメインの業務だったのですが、今後は組織再編をやってみたいと思っていたので転職活動を開始しました。 人材会社の方と相談していく中で、資産税の分野でも組織再編の業務ができると聞きました。
その中でもタクトは人数こそ多くはないけど、専門的な業務ができると聞いて応募しました。
実際、役員の方と面接することで、具体的な組織再編業務のイメージが沸き、内定後に入社を決意しました。

飯田

飯田

私は新卒後、メーカーに入社し、そのあと会計事務所に転職して、その時に資産税に興味を持ちました。
前の事務所でも資産税業務には携わらせてもらいましたが、より深く資産税の案件をやってみたいと考えていたところ、資産税専門の会計事務所では老舗であるタクトが採用募集していたため応募しました。

小野寺

小野寺

前職ではヘルスケア業界のM&Aなど、いわゆるトランザクションサービスの仕事をしていました。
会計税務分野にとどまらない仕事でやりがいもあったのですが、自分の将来や今後の方向性を検討した時に、税務の中でもマーケットが伸びている資産税の分野に興味を持ちました。
大手のように幅広い分野をカバーしている事務所ではなく、資産税に特化している事務所を希望していたため、以前より名前を知っていたタクトに応募しました。

Q.入社する前と後で、タクトのイメージに変化はありましたか?

飯田

飯田

入社前は、相続税の申告業務などの資産税案件の申告がメインの会計事務所であるというイメージでした。
入社してみたら全然違いましたね。
いわゆる一般的な会計事務所とは全く異なり、資産税を中心としたプロのコンサルティング会社と感じました。

高橋

高橋

私の場合、もともとガチガチの銀行で働いていた経験があるので、タクトに入社してみたら思ったよりも自由な雰囲気なので驚きました。
いい意味で会計事務所らしくなく、自由な風土で働きやすい環境だと思います。

小野寺

小野寺

お二人と同じように、入社前は一般的な会計事務所の固いイメージを持っていましたが、入社してみると案件の多様性に驚きました。また、営業としての売上に対する意識や、必ずしも税務分野にとらわれないプロのコンサルタントとしての考え方が印象的でした。

Q.資産税コンサルティングについてはどのように学ばれていますか?

高橋

高橋

銀行時代の教育はOJTメインでしたが、タクトは個人個人の自主性を重んじているため、自ら学ぶ姿勢がないとついていけないと思います。
書籍やセミナー・研修などで自ら能動的に学びに行った内容が、実際に実務に結びついて形になっていくという経験は、他の事務所ではあまり得られないことなのかもしれないですね。

飯田

飯田

タクトに入社するまで資産税の実務に10年近く携わってきたため、相続の申告・個人の地主さんの相続対策等は一通り経験はしてきたつもりです。
しかし、タクトでやっている資産税という分野は本当に幅広く、それらに+αして法人の組織再編やM&Aなどの案件もあり、未経験の分野も多くあります。
そういった事案は、提案書を作成する等実務の過程でスキームについて経験豊富な方々からアドバイスを受けたり、分からないところは調べたりすることで自身の知識を広げています。
また積極的に外部の研修に参加させてもらえるので、自主的に学んで体系的に知識を習得することができる環境ですね。

小野寺

小野寺

私の場合、入社前に資産税の経験はなかったので、正直大変でした。特に入社して1年くらいは内部・外部の研修にも積極的に参加することで、資産税の勘所を掴んでいきました。 とはいえ、一番重要なのはやはり実際の案件の経験で、資産税に特化しているということもあり、数多くの案件に従事出来る点はとてもよかったです。経験豊富な先輩の皆さんと色々なタイプの案件をご一緒する中で、自然と成長できる環境にあると思います。
また、タクトは資産税に関する書籍・実務書が、図書館かと見間違うくらい非常に充実しています。

Q.タクトの職場環境についてはいかがでしょうか?

小野寺

小野寺

締め切りに常に追われるというスタンスの仕事ではなく、自分自身で仕事のスケジュールをコントロールしやすいため、色々と調整可能ですね。 休暇も取りやすいです。

高橋

高橋

風通しもよく、会社の雰囲気も大人なので、若手のスタッフでも心地良いと思います。
確定申告の時期も、思ったより殺伐としてなくて意外でした。

飯田

飯田

私は子育てしながら働かせてもらっているのですが、他にも子供を育てながら働いている同僚もいて、助け合える環境が一番うれしいですね。
一般的な会計事務所だと、出産後はパートになる女性が多いと思うんです。
タクトでは子育てをしながらでも、私のようにフルタイムで働いていたり、時短で働いている女性もいます。
会社や役員、他の社員の理解もあり、本当にありがたく感じています。

Q.ご自身の今後の目標についてお聞かせください

高橋

高橋

まだ入社2年目で、現時点では漠然とした目標しかありませんが、資産税に関する高度な知識を習得し、知識と実務を融合させて、コンサルティング全般に活かして行きたいと考えています。
また、将来本格的に営業職をやるにあたって、今できる様々な活動に積極的に取り組んでいきたいと思っています。

飯田

飯田

よりプロフェッショナルな人材となるために、自身の得意分野をどんどん磨いていきたいですね。
また、会社としても全国の300を超える会計事務所と業務提携をしているので、提携業務を通じてB to Bの仕事をする機会を増やして行きたいと考えています。

小野寺

小野寺

今はタクトのブランドや組織の力を活用させて頂きながら、様々な経験を積んでいる段階ですが、個人としての力を上げて、将来的にはいかなる環境でも通用するようになりたいです。

Q.これからタクトに入社したいと考えている人に対してのメッセージをお願いします

高橋

高橋

私自身は、申告書作成の作業にとどまらず、営業として売上や数字を意識していくための活動にも興味を持ち入社しました。
資産税というテーマを中心に様々な提案を行い、お客様により良いサービスを提供することに興味がある人は、是非応募して欲しいと思います。

飯田

飯田

資産税は実は女性に向いていると思うんですよ。
お客様が話しやすい雰囲気を作り、女性ならではの細かさで丁寧な対応ができると感じています。
タクトは女性も働きやすい環境であり、また幅広い資産税ができるのも魅力だと思います。
子育てをしながらでも仕事とプライベートのコントロールがしやすいので、多くの女性の税理士さんと一緒に働きたいですね。

小野寺

小野寺

タクトでは個人の裁量が大きく、基本的に自己判断に任せられています。
指示された通りに業務を進めていきたいという人には、もしかしたらあまり居心地がよくないかもしれません。
仕事のやり方も内容も、自分をある程度律することができて、その中で自由に自身の判断で業務を行っていきたいという人に向いていると思います。

募集要項を確認する