税理士法人タクトコンサルティングは相続対策・贈与・譲渡・事業承継など資産税専門の会計事務所です。相続税申告、遺産分割、生前贈与、民事信託・商事信託等、相続コンサルティング専門の税理士集団です。

TACTニュース

法人税の記事一覧25件の記事

No.709 2017.10.16 法人税
一般社団法人(非営利型法人)が設立時に寄付を受けた場合の法人税
PDF

公益法人等に当たる一般社団法人は収益事業34業種の所得の金額については法人税がかかります。では、こうした収益事業に係る固定資産の贈与を受けた場合には、法人税の課税について疑問が生じます。今回は、この問題について整理しました。

No.693 2017.06.20 法人税
代表取締役を退任したものの、取締役として残る場合の役員退職金の取扱い
PDF

事業承継では、取引先や金融機関との交渉などについて、先代経営者が教育係として引退後も後継者の指導に当たることがあります。その場合に起こりがちなのが、先代経営者の退職金問題です。今回は、分掌変更にともなう役員退職金の問題を取り上げました。

No.691 2017.06.05 法人税税制改正組織再編
平成29年度税制改正によるスクイーズ・アウトの見直し
PDF

事業承継や会社の支配権を強化する等のため、少数株主から強制的に株式を買取るスクイーズ・アウトが行われることがあります。平成29年度税制改正では、スクイーズ・アウト課税の見直しが行われています。今回はそ
の改正について、まとめました。

No.683 2017.04.03 法人税
担保物があるときの貸倒損失
PDF

法人税では回収不能の金銭債権については「その債務者の資産状況、支払能力等からみてその全額が回収できないことが明らかになった場合には、その明らかになった事業年度において貸倒れとして損金経理をすることが
できる」とされています。今回は、担保物がある場合の取扱いについて整理しました。

No.678 2017.02.27 不動産と税務法人税
法人が土地に定期借地権を設定して賃貸し、借主が建物を建てる場合の法人税の取扱い
PDF

土地の利用とその経済的な対価の関係がはっきりした定期借地権による土地活用では、普通借地権と税務上の違いに注目が集まります。今回は、地代の考え方等を整理しました。

No.654 2016.08.12 法人税
役員報酬の期中改定で損金不算入となる部分
PDF

法人税では、役員報酬のうち損金算入されるものとそうでないものがありますが、今回は役員報酬の期中改定で損金不算入となる部分について整理しました。

No.652 2016.08.01 事業承継法人税
【Q&A】法人が個人から非上場株式を時価より低い価額で取得した場合の法人税法上の取扱い
PDF

法人が個人から非上場株式を取得する場合、取引価額をいくらにすべきかという問題に直面します。たとえば非上場株式の時価に比して低額である場合には、時価との差額が受贈益とされ課税される等の問題が生じるからです。今回は法人が買主である場合の非上場株式の税務上の時価の考え方について整理しました。

No.642 2016.05.23 法人税
法人が会計で計上する前期損益修正の法人税法上の取扱い
PDF

過年度の計上漏れの外注費等を損金の額に算入して税務署から否認され法人税の税務訴訟となった事件の判決があります。今回はこれをもとに法人税の「一般に公正妥当と認められる会計処理の基準」の考え方を整理しました。

No.637 2016.04.11 法人税組織再編
株式交換による連結納税制度の留意点
PDF

法人税では、会社のグループを一つの納税単位としてグループ全体の所得を通算して親会社がまとめて納税することを認める「連結納税制度」があります。今回は、この制度を導入する際に株式交換を利用する場合の留意点についてまとめました。

No.626 2016.01.18 不動産と税務法人税譲渡所得
賃貸不動産の売買における固定資産税精算金の税務上の取扱い
PDF

不動産売買の取引慣行として行われている固定資産税の精算は、税務においては税金ではなく、譲渡対価として処理されるものです。今回は賃貸不動産を売買した場合の取扱いを整理しました。

No.603 2015.07.21 法人税
非上場株式の法人税法上の時価評価の問題に係る判決から
PDF

相続税対策の一環として、オーナー一族の持つ非上場の同族株式会社の発行株式をグループ法人や、取引先会社などへ譲渡することが行われることがあります。この場合、難しいのが、譲渡時の株価です。税務上適正な価額でないと問題になるからです。今回は、こうした問題で裁判になった事例から、株価をきめる際の参考となる取引事例とは何かについて、まとめました。

No.597 2015.06.08 法人税
株式会社が株主に対し現物分配を行った場合の法人税法の取扱い
PDF

法人が株主等に対して行う「現物分配」では、法人と現物分配を受ける株主との資本関係によって適格現物分配に該当する場合と該当しない場合に区分されます。今回は、現物分配を行った法人の税務上の取扱いについてまとめました。

No.594 2015.05.18 法人税税制改正
平成27年度税制改正:法人税の受取配当等の益金不算入制度の見直し
PDF

平成27年度税制改正では法人税の注目されるべき改正事項がいくつかあります。今回は受取配当等の益金不算入制度が財政上の必要から一部縮小される事項について、まとめました。

No.583 2015.02.16 法人税
ヤフー事件の東京高裁判決に思う~地裁判決との違い
PDF

親会社が子会社を適格合併して子会社の欠損金を引き継いだことについて税務上否認され、その税務当局の処分を巡り、現在ヤフーと国税が裁判で、争っている事件が注目されています。今回は昨年11月に下されたその控訴審判
決について、1審判決との違いを洗いました。

No.579 2015.01.19 法人税
平成27年度税制改正大綱のうち、特定資産の買換え特例
PDF

不動産の買換えを行う場合に適用が検討される税制上の特例と言えば「特定資産の買換えの特例」です。このうち保有期間10年超の土地等を譲渡して国内にある土地等所定の要件を満たす資産への買換えをバックアップする「9号買換え」は昨年末で、適用期限が切れることになっていました。これが平成27年度税制改正大綱で制度の見直し・適用期限の延長が行われることとされました。今回はその内容を整理しました。

No.573 2014.12.01 不動産と税務法人税
法人が建物を取得又は建設した場合の法人税法上の取得価額の計算方法
PDF

法人が建物を取得した場合の取得価額を計算する場合には、そこに算入する費用がどのようなものかが問題となります。今回は取得価額に算入すべき費用や算入せず、損金算入できる費用について整理しました。

No.564 2014.09.29 法人税
法人が個人に無償又は時価よりも低い譲渡価額で非上場株式を譲渡した場合の税務
PDF

法人から個人へ非上場株式が譲渡される場合、取引される価額が時価なら、税務上、特に問題は起きません。しかし、無償や低額譲渡となると、事態は一挙に複雑になります。今回は、非上場株式が無償又は著しい低額で譲渡された場合の税務について掘り下げてみました。

No.560 2014.09.01 法人税相続対策と相続税申告
株式会社が役員の死亡退職金を不動産で給付した場合の税務上の留意点
PDF

同族の会社役員の死亡に際し支払われる死亡退職金は通常現金で支給されます。ところが、もともと役員が使用していた会社保有の社宅を退職金としてもらうということもあり得る選択です。今回は、現物不動産を死亡退職金とした場合の会社側、相続人側の税務について整理しました。

No.552 2014.06.24 法人税相続対策と相続税申告譲渡所得
公益法人等が個人から不動産を遺贈により寄附を受けた場合の課税関係
PDF

個人が公益社団法人などの公益法人に不動産を遺贈することは、広い意味合いでの相続対策などとして行われることがあります。その場合注意が必要なのが税金問題です。今回は、この課税関係についてまとめました。

No.550 2014.06.09 法人税相続対策と相続税申告譲渡所得
株式会社が個人から不動産を遺贈により取得した場合の課税関係
PDF

たとえば同族会社の事業のために使っている土地を相続の際、相続人間で、もめないようにするため会社に遺贈しようと考えた場合、注意したいのが税金の問題です。今回は、遺贈を受けた会社の法人税の問題や、個人が会社に遺贈した場合の譲渡所得税の問題などについて、整理しました。