News

TACTニュース相続対策と相続税申告

Page : 1 / 5

No.929
2024.01.15 相続対策と相続税申告

配偶者から贈与を受けた自宅を譲渡した場合の贈与税の配偶者控除の適用

今月のテーマは贈与税です。今回は、婚姻期間20年以上のベテラン夫婦間で住宅やその取得資金の贈与が行われた場合の特例「贈与税の配偶者控除」において、取得した住宅に「住み続ける」要件の考え方や判定時期ついて、整理しました。

No.928
2023.12.25 不動産と税務相続対策と相続税申告

マンションの相続税評価が時価の6割水準めどに引上げへ

今月のテーマは相続税です。今回は、見直されたマンションの相続税評価について、その内容を概観します。

No.924
2023.10.30 相続対策と相続税申告

相続時精算課税に係る相続税の納付義務の承継があった場合の相続税額の計算

今月のテーマは相続税です。今回は、相続時精算課税で財産を親からもらっていた人が、その親より早く亡くなり、次いで財産を贈与していた親が亡くなった場合で、その孫が相続人だった場合の相続税の計算について、整理しました。

No.923
2023.10.16 不動産と税務相続対策と相続税申告

入居者募集広告を出していても空室とされ小規模宅地等特例が否認された事例

今月のテーマは相続税です。今回は、アパートに空室がある状態で相続したケースで、インターネットに広告が出ていたのに、貸付事業用宅地等として小規模宅地等の特例の適用が認められなかった事例について、紹介します。

No.922
2023.09.25 不動産と税務相続対策と相続税申告

住宅取得等資金贈与に係る贈与税の非課税制度における取得要件と居住要件

今月のテーマは贈与税です。今回は、住宅取得等資金贈与に係る贈与税の非課税制度を適用する場合のポイントの一つである住宅家屋の取得要件について、わかりやすく整理しました。

No.921
2023.09.11 不動産と税務相続対策と相続税申告

勝手に(?)出された相続時精算課税の申告書が無効かどうかでトラブル

今月のテーマは贈与税です。今回は、被相続人が、財産をあげた相続人にかわり相続時精算課税制度で申告書を勝手に出したケースで、相続税申告の際に税務署とトラブルになった裁決事例についてまとめました。

No.916
2023.06.26 不動産と税務相続対策と相続税申告

貸家建付地の相続税評価では、次の相続までの状況変化に注意

今月のテーマは相続・贈与の税務です。今回は、いったん貸家建付地として相続した後、相続人に相続が開始した場合において、状況変化により、貸家建付地として減価されないケースについて、事例に即して、整理してみました。

No.915
2023.06.12 相続対策と相続税申告税制改正

令和5年度税制改正:相続開始前に被相続人から暦年課税に係る贈与があった場合の相続税

今月のテーマは相続・贈与の税務です。今回は、相続人等に係る相続前3年以内の贈与財産を相続財産に加算する制度の改正について、内容の解説と経過措置について、まとめました。

No.914
2023.05.29 相続対策と相続税申告税制改正

令和5年度税制改正:贈与税の相続時精算課税の見直し

今月のテーマは相続・贈与の税務です。今回は、令和6年1月1日から施行される相続時精算課税制度の基礎控除と、被災した贈与財産が相続財産に加算される場合の価額の見直しについて解説しました。

No.913
2023.05.15 不動産と税務相続対策と相続税申告

親の土地を無権代理で売買、引渡し前に相続開始で税金紛争

今月のテーマは相続・贈与の税務です。今回は、意思能力の弱い被相続人の土地を相続人が無権代理で売却契約した直後、相続が開始したケースで、相続財産は土地になるか、売買の残代金請求権になるかが争われた事例を紹介します。

No.911
2023.04.10 不動産と税務相続対策と相続税申告

建物敷地以外の駐車場が貸家建付地として認められる場合

今月のテーマは不動産の税務です。今回は、建物の敷地と一体利用されている駐車スペースが相続税の財産評価上、貸家建付地に該当する場合・しない場合について、裁決事例からポイントを拾いました。

No.910
2023.03.27 相続対策と相続税申告

被相続人が法人への土地の賃貸借に際し無償返還の届出書を提出していた場合の相続税評価

今月のテーマは相続税・贈与税です。今回は、被相続人の同族法人に対する土地の貸付で、「無償返還の届出書」を税務署に出していた場合の相続税評価について、整理しました。

No.905
2023.01.11 相続対策と相続税申告

みなし贈与の株価上昇分は相続時精算課税で相続財産に加算されるか

「みなし贈与の株価上昇分は相続時精算課税で相続財産に加算されるか」今月は、相続税がテーマです。今回は、相続時精算課税制度の適用を受けて贈与された株式について、贈与者が生前に株式の発行会社へ債権放棄したことで株価が上昇し、贈与者の相続に伴い相続財産に加算されるべき価額が問題になった裁決事例を取り上げます。

No.903
2022.12.12 事業承継相続対策と相続税申告

合資会社の持分払戻請求権の評価に関する最近の裁決事例

今月のテーマは相続税です。合資会社などの持分会社の社員に相続が開始した場合に問題になるのが、出資口の相続税評価です。今回は、最新の裁決事例で示された考え方を見ていきます。

No.902
2022.11.28 不動産と税務事業承継相続対策と相続税申告

小規模宅地等特例:相続人の継続事業への関与度合いが問われた事例

今月のテーマは事業承継です。小規模宅地等の特例のうち特定事業用宅地等を相続し事業を継いでいく形態は、古くからある事業承継の形態の一つです。今回は、特定事業用宅地等で特例の適用を受ける場合、どのような事業への関与が求められるのかについて争われた事例を紹介します。

No.898
2022.09.30 相続対策と相続税申告

相続時精算課税の住宅取得等資金贈与の特例に係る贈与者が死亡した場合の相続税の取扱い

今月のテーマは相続税です。今回は過去に相続時精算課税の住宅取得等資金の特例の適用を受けていた場合に贈与者が死亡したときの相続税の課税価格に加算される金額について、解説しました。

No.897
2022.09.20 不動産と税務相続対策と相続税申告

土地の地目等は、相続時の利用状況をもとに判断すべきとした裁決

今月のテーマは相続税です。今回は共同住宅の敷地として建築確認申請し、建築後に敷地の一部の用途を駐車場にしたケースにおいて、画地をどのように判定するかが問題になった裁決事例を紹介します。

No.894
2022.07.25 相続対策と相続税申告

評価会社が課税時期前3年以内に取得した土地や家屋を有する場合の純資産価額方式の計算

今月のテーマは相続税です。今回は非上場会社の株式の相続税評価です。相続税等の課税時期前3年以内にその会社が取得した土地や家屋がある場合の株式の純資産価額を計算するケースについて、整理しました。

No.893
2022.07.11 不動産と税務相続対策と相続税申告

土地と接する道路に工作物等がある場合の10%評価減の適否

今月のテーマは相続税です。今回は、土地評価の際に「付近の土地の利用状況と比較して利用価値が著しく下がっている」場合に適用がある取扱いの「10%評価減」を巡る最新裁決事例を紹介します。

No.892
2022.06.27 相続対策と相続税申告

【Q&A】新築した住宅に転居後、転居時まで居住した住宅を譲渡した場合の3,000万円控除

今月のテーマは譲渡所得課税です。今回は、マイホームを売却した際に適用を検討したい、いわゆる3000万円控除において、対象となる「主としてその居住の用に供している家屋」について、取扱いを整理しました。