代表メッセージ

タクトに納得して入社して欲しい

タクトコンサルティング 代表 玉越 賢治

タクトコンサルティング
代表
玉越 賢治

人材の採用について、常々タクトは慎重に行っており、誰彼なく人を採用して会社を大きくしようとはしていません。
採用にあたっては、税理士または公認会計士の有資格者であること、さらにその資格を持って一通りの仕事を経験していることを前提としています。

その為、単に資格を取得したというだけでは採用基準は満たせません。
少なくとも、資格取得後、会計事務所や監査法人などで一人前になった上で、その上でタクトで働きたい、タクトを面白いと感じて下さる方と一緒に働きたいと考えています。

タクトについて納得した上で入社して欲しいという強い想いがあるため、タクトがどのような考え方をする会社なのか、できる限り入社前に知って頂きたいと思っています。

採用の面接時間は、1人につき数時間というところですが、少なくとも複数の役員と会えば、役員ごとに様々な意見を持っているため、その意見を聞いて、タクトがどういった会社かをしっかりと判断して頂きたいと思っています。
また、できれば同じ時期に他の会社も比較検討し、その上でタクトを選んで頂きたいという気持ちがあります。

資産税コンサルティングにこだわる

タクトは一般の会計事務所とは違い、組織としては面白い会社だと思っています。
通常、会計業界もピラミッド型の組織が多いと思います。それは、組織を拡大する為にも必要な仕組みでもあります。

ピラミッド型の組織と言えば、指揮命令系統や伝達系統など、権限などを縦割りにした構造ですが、タクトの場合は、どちらかと言うと横に平たい組織であり、能力があれば若手でも誰でも現場で活躍できます。
同時に、各人が確固たる責任を持たなければならない部分も当然にあります。

お客様のニーズ次第で何でも実践していこうという姿勢なので、一般的な会計事務所とは違った切り口で答えを出していく事が多くなります。
タクトは資産税の専門医と言う位置付けを重要視しているので、資産税の専門知識とそれをフルに活用できる人材が必要です。

法律に基づいた仕事をするので、社会に貢献することはもちろんですが、お客様からフィーを頂いて仕事をしているわけですから、ご依頼いただいたお客様に喜んでいただけるような仕事を、タクトにお願いしてよかったと言っていただける仕事をしなければなりません。

個人の成長が会社の成長

日々の資産税コンサルティング業務を通じて、社員の成長や能力の向上に繋がるようにと考えています。
税理士や会計士は勉強が好きな方が多いのかもしれませんが、そういった勉強熱心な社員も満足できる職場環境作りを意識しています。
単に仕事を取れればよいというわけでなく、一つひとつの案件を通じて、個人が成長を実感できるような仕事をして欲しいと考えています。

その中でタクトの存在価値が様々な業界に認められ、次第に人が集まり、会社が拡大すれば理想的ですが、それを無理に実現しようとは思っていません。
現在の人員でどれだけのサービスができるのか、それに対して周囲の人がどのような評価をしてくれるのか、それによって自然とタクトの規模は変わっていくのだと考えています。

次世代のタクトを担う方へ

元々は不動産税務を中心としていましたが、時代の流れに合わせて、相続・事業承継、資本政策、組織再編、M&Aなど、タクトの世界はどんどん広がっています。面白いことに、これはタクトが意図したことではなく、日々の中で増えてきた仕事に適応してきただけなのです。

結果的には、タクトはお客様から仕事を教わって来たのだと言えます。
お客様に、「こんな仕事はできないか?」と尋ねられ、タクトがそれに応える、それによってタクトは成長してきたのです。
ですから、タクトに入社して仕事の内容を制限されることは基本的にありません。

入社したばかりの人には私たちと仕事をしてもらうこともありますが、私たちも若手の頃は「こんな仕事がしたい」という意見を出し、会社がそれを叶えることで、タクトはこれまで成長し続けてきました。
そのため、入社したばかりのスタッフでも、日々の業務、執筆活動やセミナー・講演活動などを通じて、自分の名前を外部にアピールできるチャンスがたくさんあります。

そのような人材が次世代のタクトを支えてくれると考えており、次世代の社長は今いる社員の中から出てくると信じています。
そういった意味では、斯業界においてさらに大きな影響力のある会社にしたいと考えています。
それはひとえに、人材次第です。
よい人材を採用し、その人たちが意欲を持って仕事ができる、そのような環境を作ることが私の役割だと思っています。