税理士法人タクトコンサルティングは相続対策・贈与・譲渡・事業承継など資産税専門の会計事務所です。相続税申告、遺産分割、生前贈与、民事信託・商事信託等、相続コンサルティング専門の税理士集団です。

法人・企業オーナーのお客様へ

資産税のプロが提案する「守りから攻めへ」へのコンサルティング

企業経営はその成長過程において、様々な決断を迫られます。企業の「決断と実行」は、すべて税務問題に直結しています。
近年の企業組織再編成税制やグループ法人税制の創設、M&Aや事業再生にかかる会社法・法人税法の改正など、法人の資産を取り巻く状況は日々刻々と変化しています。
その急激な流れの中で、経営者やオーナーが常に独力で自ら正しい判断をし続けるのは非常に困難だと言えます。

私たちタクトコンサルティングでは、創業以来一貫して相続・事業承継を中心とした資産税コンサルティングに取り組んで来ました。
税務・会計の領域を基盤として、現状分析、問題点の抽出、解決手法の立案・実行という一貫した総合的コンサルティング業務をご提供しています。 法人のお客様の資産・財産に関わる経営判断、税務判断を正しく導くために、お客様の企業経営における税務・会計の専門医として必ずお役に立てると自負しております。

法人の資産税務コンサルティング

企業の成長ステージは次のようになります。成長期以降の企業においては、次のような経営課題への対応が必要になります。

企業の成長ステージ

企業組織再編成

経営効率を向上させ、あるいは事業承継を効果的に進めるため、合併・会社分割や株式交換など組織再編の手法を用いて、企業組織を相応しい姿に再構築するケースが増えています。企業の適切な組織再編成を行うためには、法律・会計・税務の専門知識を理解し、適切な活用を行うことが必要となります。

事業承継

成熟期を迎えた企業においては、現経営者から後継者へのバトンタッチを行う、事業承継が大きな課題となります。企業オーナーにとって、その財産の大半が自社株式であることは珍しくありません。
オーナーに複数の子供がいる場合、経営権の集中の観点からは後継者である子供に自社株式を集中して承継させるべきですが、円満相続の観点からは後継者でない子供にも応分の財産を承継させる必要があります。
このようなお客様に対して、親族内承継に係る組織再編手法、種類株式や納税猶予免除制度、さらに資産承継対策の新たなツールである信託や一般社団法人、親族外承継に係るM&AやMBO、不動産の組替え対策等最適な資産承継の手法を提案、対策の実行から税務申告まで一貫したコンサルティングサービスのお手伝いをいたします。

タクトコンサルティングへのお問い合せはこちら