税理士法人タクトコンサルティングは相続対策・贈与・譲渡・事業承継など資産税専門の会計事務所です。相続税申告、遺産分割、生前贈与、民事信託・商事信託等、相続コンサルティング専門の税理士集団です。

TACTニュース

「TACTニュース」は平成元年にスタートしたタクトコンサルティングの税務・会計情報サービスです。相続・贈与・譲渡・事業承継・不動産税務など資産税に関する情報や、資産・財産をめぐる税務のポイント、毎年の税制改正の動向など、最新の税務情報を詳しく解説しています。

No.604 2015.07.27 不動産と税務税制改正
住宅取得等資金の贈与に係る贈与税非課税制度の非課税限度
PDF

平成27年度税制改正で制度の延長・拡充が行われた住宅取得等資金の贈与に係る贈与税の非課税制度は、これから行われる消費税の税率引上げに伴う住宅の需給関係の変動等の平準化等を図るため、住宅の取得等に係る契約の時
期により非課税限度額を増減する政策が講じられています。今回は、その点にスポットを当てました。

No.603 2015.07.21 法人税
非上場株式の法人税法上の時価評価の問題に係る判決から
PDF

相続税対策の一環として、オーナー一族の持つ非上場の同族株式会社の発行株式をグループ法人や、取引先会社などへ譲渡することが行われることがあります。この場合、難しいのが、譲渡時の株価です。税務上適正な価額でないと問題になるからです。今回は、こうした問題で裁判になった事例から、株価をきめる際の参考となる取引事例とは何かについて、まとめました。

No.602 2015.07.14 その他税制改正
建物の請負工事等に係る消費税の経過措置
PDF

消費税の税率が平成29年4月1日から10%に引き上げられるのに伴い、この時期をまたいで資産の引き渡し等が行われる特定のケースについて、消費税の経過措置が設けられます。今回は、経過措置の概要と建築請負工事等に係る経過措置について整理しました。

No.601 2015.07.06 その他譲渡所得
株式等譲渡所得の特例計算の最近の適用状況
PDF

有価証券を譲渡した場合に受けられる税制上の特例はいくつかあります。このうち、特定管理株式等が価値を失った場合の特例、取得費加算の特例、エンジェル税制の最新の適用状況が明らかになりました。今回は、平成20事務
年度から平成25事務年度までの状況をレポートしました。

No.600 2015.06.29 相続対策と相続税申告
被相続人が遺した連帯保証債務の相続税計算上の取扱い
PDF

被相続人が会社の経営者だった場合、会社の資金繰りの関係で会社の借入金について連帯保証をしているケースが少なくありません。今回はこうした連帯保証債務が相続税の計算上どのように扱われるかについてまとめました。

No.599 2015.06.22 信託
【Q&A】"受益者が存在しない信託"の税務上の取扱い
PDF

自分の財産について自分の目的に適った管理・処分をしてもらうため親族などに「信託」するという方法が広義の相続対策の一つとして注目されています。今回は、たとえば自分の財産を子に信託し、受益者を自分とし、自分が死亡した後の受益者を孫とした場合で、自分の死亡時にまだ孫が生まれていなかった場合のような「受益者が存在しない場合」の信託の税務について、まとめました。

No.598 2015.06.15 税制改正譲渡所得
国外転出時課税制度、特に非居住者への相続の場合の基本的留意点
PDF

有価証券の保有者が国外に転出する場合などに行われるのが、国外転出時課税制度です。これは「有価証券のみなし譲渡課税」で、今年の7月から施行されることもあって、現在注目されています。今回は、非居住者への相続に
よりみなし譲渡課税が行われる場合の留意点についてまとめました。

No.597 2015.06.08 法人税
株式会社が株主に対し現物分配を行った場合の法人税法の取扱い
PDF

法人が株主等に対して行う「現物分配」では、法人と現物分配を受ける株主との資本関係によって適格現物分配に該当する場合と該当しない場合に区分されます。今回は、現物分配を行った法人の税務上の取扱いについてまとめました。

No.596 2015.06.01 相続対策と相続税申告
準確定申告に含める収入と相続財産との関連
PDF

年の途中で亡くなった被相続人の1月1日から死亡した日までに確定した所得 金額等について、相続の開始があったことを知った日から4か月以内に相続 人が行うのが、準確定申告です。今回は、この申告に含める収入について、 相続税の対象財産になるのかどうか、といった視点で整理してみました。

No.595 2015.05.26 税制改正
国境を越えた役務の提供に対する消費税の課税の見直し
PDF

外国の事業者からインターネット等を通じて役務の提供を受けた場合は、消費税がかからないのは不公平といった考えから、消費税の制度が見直されることになりました。今回は、その新たな仕組みの概要についてまとめました。

No.594 2015.05.18 法人税税制改正
平成27年度税制改正:法人税の受取配当等の益金不算入制度の見直し
PDF

平成27年度税制改正では法人税の注目されるべき改正事項がいくつかあります。今回は受取配当等の益金不算入制度が財政上の必要から一部縮小される事項について、まとめました。

No.593 2015.05.11 不動産と税務
建物の固定資産評価に対する審査申出等の現在
PDF

平成27年度は3年に1度の評価替えの年です。土地や建物の固定資産の評価額をチェック出来るチャンスです。そこで、今回は建物の評価に不服を申し出たケースで最近注目される事案について、裁判例を取り上げました。

No.592 2015.04.27 税制改正譲渡所得
贈与、相続又は遺贈により非居住者に資産が移転した場合の所得税の納税猶予
PDF

平成27年度税制改正における資産税分野の大きなトピックスの一つが「国外転出時課税制度」です。今回は贈与や相続、遺贈で非居住者に資産が移転した場合の税制がどのようになるのかについてまとめました。

No.591 2015.04.20 税制改正
来年(平成28年)1月からマイナンバー制度が始まります。
PDF

平成27年度税制改正の特徴は、納税環境整備と題して行われる改正です。その最も影響が大きいものと見られているのが、税務当局に提出する財産債務明細書の調書化です。今回は、調書となって、個人の財産等に関しより詳し
い報告が求められる改正内容について、まとめました。

No.590 2015.04.13 税制改正譲渡所得
贈与、相続又は遺贈により非居住者に資産が移転した場合の譲渡所得等の特例
PDF

国内の居住者がキャピタルゲイン非課税国に出国し、有価証券等を譲渡し、国内でも、出国先でも課税を受けないことを防ぐため平成27年度税制改正で創設されたのが、いわゆる「国外転出時課税制度」です。もちろん居住者本人が出国する場合のほか、非居住者に贈与等により資産が移転することで、キャピタルゲイン課税を受けない事態が出て来ます。このため、贈与等により非居住者に資産が移転した場合の制度も整備されています。今回はそこにスポット当てました。

No.589 2015.04.06 相続対策と相続税申告
株式交換があった場合の類似業種比準価額の修正
PDF

株式交換で100%親会社となる会社には増資が生じます。この場合、この会社が非上場株会社だったとき、その株式について類似業種比準方式で相続税評価額を算出するには、修正することが必要になるとみられます。今回は、その修正について考えてみました。

No.588 2015.03.30 相続対策と相続税申告
被相続人が自宅を建築工事中に相続が開始した場合の小規模宅地等に係る相続税の特例の適用
PDF

相続税の増税により課税対象者が増加するとされているなか、注目されているのが、「小規模宅地等に係る相続税の特例」です。被相続人の居住用だった敷地に対してこの特例が適用できるかどうかは、税額に大きな影響を与えます。今回は、相続開始時に自宅が工事中だった場合の取扱いについて、まとめました。

No.587 2015.03.16 税制改正
「財産及び債務の明細書」から「財産債務調書」へ 提出基準等も変わります。
PDF

平成27年度税制改正の特徴は、納税環境整備と題して行われる改正です。その最も影響が大きいものと見られているのが、税務当局に提出する財産債務明細書の調書化です。今回は、調書となって、個人の財産等に関しより詳し
い報告が求められる改正内容について、まとめました。

No.586 2015.03.09 不動産と税務相続対策と相続税申告
【Q&A】住宅取得等資金の贈与のあった年に贈与者が死亡した場合の税務
PDF

住宅取得等資金の贈与の非課税制度は、相続財産を減らすことで相続税の節税につながる制度として人気を集めています。今回は、贈与の有った年に贈与者が亡くなったケースについて、課税関係を整理しました。

No.585 2015.03.02 不動産と税務相続対策と相続税申告
土地の相続税評価額の「10%評価減」を巡る最近の事例
PDF

土地の相続税評価の取扱いで認められている「10%評価減」は、付近の土地の利用状況と比較して著しく利用価値が低下している土地の部分に適用できるものとされています。裁決事例から最近の動向を探りました。