税理士法人タクトコンサルティングは相続対策・贈与・譲渡・事業承継など資産税専門の会計事務所です。相続税申告、遺産分割、生前贈与、民事信託・商事信託等、相続コンサルティング専門の税理士集団です。

TACTニュース

相続対策と相続税申告の記事一覧110件の記事

No.515 2013.09.17 相続対策と相続税申告
相続税・贈与税の連帯納付義務②(税務署長等の手続・利子税等の納付)
PDF

相続税・贈与税の「連帯納付義務」については前回、アウトラインをまとめました。今回は、この連帯納付義務に関する税務当局側の徴収に向かう手続きや利子税などについて、まとめました。

No.514 2013.09.09 相続対策と相続税申告
相続税・贈与税の連帯納付義務①(制度の概要)
PDF

相続税・贈与税の制度で、つい注意を怠りがちなのが「連帯納付義務」があることです。今回は、この連帯納付義務についてまとめました。

No.513 2013.09.02 相続対策と相続税申告
相続税の税務調査のポイント
PDF

残暑厳しい日々が続きますが、暦の上では秋でもあります。この業界で秋と言えばやはり税務調査が話題となる季節であります。今回は相続税の税務調査についてスポットを当てました。

No.511 2013.08.19 相続対策と相続税申告
同族株主が相続等により取得した非上場株式の相続税評価
PDF

相続等により非上場株式を取得した個人がその株式を発行した会社(評価会社)の同族株主に該当する場合、その株式の相続税評価額は常に原則的評価方式により評価すると考えがちです。しかし同族株主である個人が有する議決権割合によっては、その取得した株式を特例的評価方式により評価する場合もありえます。今回はこうした非上場株式の相続税評価の問題にスポットを当てます。

No.508 2013.07.22 相続対策と相続税申告
業者の底地買取価格を底地の相続税の課税価格とすることの当否
PDF

相続直後に底地を買取業者に売却した時の金額が、相続税を計算するうえで時価になるのかどうかを巡って審査請求で争われた事件がありました。この事件で国税不服審判所は納税者が主張する買取価格を相続税評価額として正当だとは認めませんでした。今回はこの裁決で納税者の主張がなぜ認められなかったかについて考えます。

No.506 2013.07.08 相続対策と相続税申告
業者の底地買取価格が相続税で時価と認められなかった事例
PDF

相続直後に底地を買取業者に売却した時の金額が、相続税を計算するうえで時価になるのかどうかを巡って審査請求で争われた裁決事例が出てきました。国税不服審判所は時価と認めない裁決を下しました。今回はこの裁決事例をお知らせします。

No.504 2013.06.10 相続対策と相続税申告
相続税法上の財産評価における基本的な考え方の再確認
PDF

相続税や贈与税の計算をする場合にゆるがせにできないのが財産評価の問題です。今回は、財産評価の根底にある基本的な考え方について、最近の裁判例に学びました。

No.503 2013.05.27 相続対策と相続税申告
やっぱりあった!小規模宅地特例の厳格化の影響
PDF

平成22年度税制改正で適用要件が厳格化された「小規模宅地の評価減の特例」の影響は、どのようなものだったのか。その実態の一端を示すデータが明らかになりました。今回は、改正の影響が実家の敷地の相続や、不動産貸付の敷地の相続にどんな影響があったかについて、探ってみました。

No.499 2013.03.25 相続対策と相続税申告
相続税の小規模宅地特例の改正
PDF

平成25年度税制改正大綱で相続税の特例である小規模宅地特例の一部緩和が提案されています。これは、相続税の基礎控除引下げなどによる富裕層への課税強化が強まるのに合わせて、課税強化が事業や居住を継いだ相続人の生活基盤を危うくすることがないよう、配慮したものと言えます。今回はその改正内容を検討してみました。

No.496 2013.02.12 相続対策と相続税申告
一般社団法人に対する贈与・遺贈・・・相続税法66条4項
PDF

一般社団法人を活用した相続対策がスポットを浴びています。しかし、いろいろ考えておかなければならない事柄が少なくないようです。今回は、一般社団法人を活用する場合の税法上の問題点について掘り下げました。