News

TACTニュース相続対策と相続税申告

Page : 2 / 2

No.742
2018.06.25 相続対策と相続税申告税制改正

一般社団法人等の税制改正が実務にどう影響するか?

平成30年度税制改正では、特定の一般社団法人等に対する相続税の課税に関し制度が整備され、一般社団法人に資産を移転し、相続税を免れるなどの行き過ぎた節税が規制されることになりました。今回は、規制が及ぶ範囲を考えてみました。

No.738
2018.05.28 相続対策と相続税申告税制改正

小規模宅地等の評価減-『家なき子』

平成30年度の税制改正では相続で住まいに困らないようにするための特例である「小規模宅地等の評価減」が見直されました。具体的には「家なき子」の要件画見直されました。今回はこの改正にスポットを当てました。

No.735
2018.05.07 相続対策と相続税申告

未分割の場合の相続税の課税価格計算(相続時精算課税適用財産が本来の相続財産を超える場合)

未分割の相続財産に係る相続税の計算をする場合には法定相続分の割合に応じて財産を相続したものとして計算することになっています。ところで生前に相続時精算課税制度で被相続人から財産の贈与を受けた相続人がいる場合には、その贈与分を相続財産に加えて計算しますが、贈与を受けた相続人の相続税の財産の計算上、マイナスになることがあります。今回は、この問題について、まとめました。

No.732
2018.04.09 相続対策と相続税申告

相続財産が未分割の場合の相続税の計算(相続時精算課税の適用財産があるケース)場合)

相続時精算課税制度を適用した財産の贈与では、2500万円の特別控除があるため、一度にまとまった金額の財産を贈与することが可能です。この場合において、その贈与をした人が亡くなって開始した相続で、相続財産がまだ未分割の場合の相続税の計算はどうなるのでしょうか?今回はこの問題についてまとめました。

No.725
2018.02.19 事業承継相続対策と相続税申告

事業(経営権)の承継における種類株式の活用

会社法では、権利内容の異なる複数株式、つまり種類株式を発行することができます。これを利用した事業承継の方法がいろいろ考えられています。今回は、種類株式の活用事例と相続税評価について、まとめました。

No.714
2017.11.27 相続対策と相続税申告

被相続人の自宅敷地を海外居住の相続人が取得した場合の相続税の小規模宅地等の特例の適用

資産家の指定が海外に居住するケースが増えているのに伴って、海外居住の日本人が国内の資産を相続し、相続税の課税が問題になるケースがあります。今回は小規模宅地等の特例の適用についてまとめました。

No.710
2017.10.23 相続対策と相続税申告税制改正

平成29年度税制改正:相続税の物納できる財産の順位と種類の見直し

相続税は金銭で納付することが原則でです。しかし、分割払いでも金銭納付が困難な場合には、金銭以外の一定の相続財産を国に納めることを許可する物納制度が用意されています。今回は、納めることのできる相続財産に関する定めの見直しについてまとめました。

No.708
2017.10.10 相続対策と相続税申告

被相続人の配偶者が遺産分割前に死亡した場合の特定居住用宅地等に係る小規模宅地特例

被相続人の居住の用に供されていた宅地を相続人が取得し一定の要件を満たす場合、相続税の計算上、その宅地の課税価格を80%減額する「小規模宅地等の特例」は、相続税の節税になくてはならない制度です。今回は、不幸にして相続が相次ぎ、最初の相続時にまだ遺産分割が済んでいなかったケースにおいて、この特例の適用についてまとめました。

No.706
2017.09.25 相続対策と相続税申告

【Q&A】特定同族会社事業用宅地等に係る相続税の小規模宅地等の特例の適用

被相続人の事業の用に供していた宅地について、小規模宅地等の特例の適用を検討するケースがあります。今回は特定同族会社事業用宅地等に係る特例の適用の可否について、検討しました。

No.704
2017.09.08 相続対策と相続税申告

配偶者が遺産分割前に死亡している場合の配偶者に対する相続税額の軽減の適用

両親が相次いで亡くなった場合に「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用はどうなるのか、心配になることがあります。今回は、最初の相続発生後で、まだ遺産分割前に配偶者が亡くなった場合についてまとめました。

No.703
2017.09.04 その他不動産と税務相続対策と相続税申告

広大地評価廃止、「地積規模の大きな宅地の評価」が新設

面積の大きい「広大地」の相続税評価の方法が変わります。これは平成29年度税制改正大綱で指示されていたものです。今回はパブリックコメントに付された国税庁の改正案について、まとめました。

No.700
2017.08.16 相続対策と相続税申告

被相続人の養子の子がいる場合の代襲相続人の判定と相続税額の加算の取扱い

被相続人の子が亡くなっている場合にその孫が代襲相続人となりますが、養子縁組が絡んでいる場合には、代襲相続人になるかどうかの判断で迷うことが有ります。今回はこうした問題と相続税額の加算について整理しました。

No.699
2017.08.07 その他相続対策と相続税申告

外国の法律に基づいて作成された遺言書の日本における有効性

日本国籍を持つ人でも海外に居住するケースは、珍しいものではなくなりました。こうしたなか、相続を見据えて海外で遺言書を作成した場合、国内でその扱いはどうなるのか、気になるところです。今回はこの問題について整理しました。

No.697
2017.07.18 相続対策と相続税申告

相続税法における同族会社の募集株式引受権(同法基本通達9-4)の取扱い

同族会社の新株発行に際して、新株の引受権の割当てを受ける人が親族等の関係にある場合に問題となるのが表題の通達で取り扱われる「贈与税課税」の問題です。今回は、この取扱いについて具体的に解きほぐしました。

No.696
2017.07.10 事業承継相続対策と相続税申告税制改正

平成29年度改正:非上場株式等に係る贈与税の納税猶予打切り時の相続時精算課税の適用

事業承継税制の使い勝手が向上する改正項目として歓迎されているのが、相続時精算課税制度の適用です。今回は、改正の内容についてまとめました。

No.694
2017.06.26 相続対策と相続税申告税制改正

国内・国外財産に対する相続税・贈与税の納税義務の範囲の改正

平成29年度税制改正の目玉の一つともなっているのが、表題の改正事項です。これは、高度外国人材の受入れの促進と国際的な租税回避に対する制度整備の一環として行われたものです。今回は、改正内容について、まとめました。

No.692
2017.06.05 相続対策と相続税申告税制改正

取引相場のない株式の評価に係る財産評価基本通達 一部改正 ~類似業種比準価額の計算方法について~

取引相場のない株式の評価に関する財産評価基本通達が改正されました。これは平成29年度税制改正大綱で改正の指示が出ていたものです。今回は類似業種比準価額の計算方法の改正点についてまとめました。

No.690
2017.05.29 相続対策と相続税申告税制改正

取引相場のない株式の相続税法上の評価の改正~会社規模の判定基準の見直し~

平成29年度税制改正大綱で触れられていた取引相場のない株式の評価の見直しが、パブリックコメントの手続きを経て国税庁から公表されました。今回は、改正の内容のうち会社規模の判定基準についてまとめました。

No.687
2017.05.09 不動産と税務相続対策と相続税申告

区分所有建物と小規模宅地等の特例

一棟の二世帯住宅の敷地について、小規模宅地等の特例の適用する場合に被相続人と同居していたかどうかがしばしば問題になります。今回はこれに関連した裁決事例を取り上げます。

No.674
2017.01.30 相続対策と相続税申告

平成28年度改正:贈与税の配偶者控除に係る添付書類の見直し

結婚して20年のベテラン夫婦に認められている贈与税の配偶者控除は、生前から配偶者の住宅を確保する等の相続対策に利用されることが多い特例です。今回は、これからの申告に必要な手続き面の改正について、まとめました。