税理士法人タクトコンサルティングは相続対策・贈与・譲渡・事業承継など資産税専門の会計事務所です。相続税申告、遺産分割、生前贈与、民事信託・商事信託等、相続コンサルティング専門の税理士集団です。

TACTニュース

相続対策と相続税申告の記事一覧110件の記事

No.660 2016.10.11 その他相続対策と相続税申告
被相続人の住所地認定の誤りにより重加算税の処分が取消に
PDF

相続税の納税地は被相続人の死亡時における住所地とされています。この住所地をめぐって納税者と税務署が争たケースが明らかになりました。今回はこの争いについて、裁決に基づきまとめました。

No.657 2016.09.12 不動産と税務相続対策と相続税申告
【Q&A】貸家とその敷地を有する親が子に貸家を贈与後、敷地を無償で貸した場合の敷地の相続税法上の評価
PDF

賃貸住宅の運用をしている親が、子にその建物を贈与するという相続対策は、子のもとでの資金プール等につながることから検討課題に上がるものとなっています。今回は、その場合の敷地の相続税評価について考え方を整理しました。

No.656 2016.09.06 相続対策と相続税申告
小規模宅地等の特例で「生計を一にする」実態が問われた事例
PDF

相続税の特例の一つ「小規模宅地等の特例」では、被相続人が保有利用する宅地のほか、被相続人保有で生計を一にしている親族が利用する宅地についても一定の要件を満たす場合、その適応を認めています。今回は、その前提となる「生計を一にしている」ことについて争われた裁決事例について、述べます。

No.653 2016.08.08 不動産と税務相続対策と相続税申告
共有の貸家の敷地の評価
PDF

貸家の敷地の相続税評価は通常、貸家建付地となります。これは複数の人により同じ持分で共有されている場合でも変わりません。問題は、貸家と敷地の持ち分が異なる場合です。今回は、そのようなケースについてスポットを当てました。

No.646 2016.06.20 不動産と税務相続対策と相続税申告
相続した賃貸物件の賃料の帰属先と遺産分割について
PDF

会社が個人から債務免除を受けた場合、会社の税務や、会社の株主の税務の問題が生じます。今回は特に債務免除により株式の価値が増加し株主に対し贈与税が課税される場面について整理しました。

No.644 2016.06.06 相続対策と相続税申告
農地等に係る贈与税の納税猶予及び免除制度
PDF

農地の細分化の防止と農業経営者の育成を税制面で助成する制度である農地等に係る贈与税の納税猶予及び免除制度」。今回は、制度の概要をもとにキーワードである「農地・採草放牧地」、「特定貸付け」についてまとめました。

No.643 2016.05.30 相続対策と相続税申告
【Q&A】法人が債権者である個人から債務免除を受けた場合の税務上の取扱い
PDF

会社が個人から債務免除を受けた場合、会社の税務や、会社の株主の税務の問題が生じます。今回は特に債務免除により株式の価値が増加し株主に対し贈与税が課税される場面について整理しました。

No.641 2016.05.13 不動産と税務相続対策と相続税申告
【Q&A】個人間で不動産を対価なしで名義変更した場合の税務上の取扱い
PDF

個人同士の間で対価のやり取りをすることなく、名義を変更すると通常、贈与税の問題が発生します。しかし、一定のやむを得ない理由に基づいて名義変更が行われた場合には、救済的な取扱いがなされることになっています。 今回は、こうした問題を整理しました。

No.639 2016.04.25 相続対策と相続税申告
【Q&A】個人が相続財産を市町村に贈与(寄附)した場合の税務上の取扱い
PDF

個人が相続税の申告期限までに、相続財産を都道府県や市町村などの地方公共団体や公益を目的とする事業を行う特定の法人に贈与(寄贈)し、所定の要件を満たす場合場合、贈与された財産は相続税が非課税となる特例があります。今回はこの特例と所得税の寄附金控除、寄附金税額控除の取扱いをまとめました。

No.636 2016.04.04 不動産と税務相続対策と相続税申告
【Q&A】不動産の贈与の履行後、合意により贈与契約を解除した場合の贈与
PDF

不動産を次世代に継がせる方法として贈与があります。意外にも不動産の贈与は少なくありませんが、不動産の評価額は大きく贈与税の負担が重くなる場合には、慎重な検討が必要になっています。今回は不動産の贈与契約を合意解除した場合について、整理しました。

No.633 2016.03.14 不動産と税務相続対策と相続税申告譲渡所得
空き家に係る譲渡所得の特例と小規模宅地等の特例
PDF

平成28年度税制改正では、一人住まいの親が亡くなって空き家になった実家を相続した子が売る場合に適用できる優遇税制「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」が新設されることになりました。今回はこの特例と小規模宅地等の特例の適用について考えました。

No.632 2016.03.07 相続対策と相続税申告
直系尊属から贈与により財産を取得した個人に係る暦年課税の贈与税の税率の特例
PDF

平成27年から贈与税の税率が変わり、直系尊属から贈与された場合とそれ以外の場合とで、税率が異なる仕組みになっています。今回は、その仕組みを前提に、直系尊属からもらった財産と、それ以外からもらった財産がある場合の贈与税の計算方法について、整理しました。

No.628 2016.02.01 事業承継相続対策と相続税申告
【Q&A】相続財産である非上場株式が未分割の場合の相続税計算上の取扱い
PDF

非上場株式の相続税評価のポイントは、相続などにより取得した人が株式発行会社を支配する同族株主グループに入る人かどうかという点です。その違いにより評価の方法が大きく異なるためです。今回は相続財産であ
る非上場株式が未分割の場合、そのポイントについてどのように考えるかについてまとめました。

No.621 2015.12.07 相続対策と相続税申告
【Q&A】区分所有登記がされている一棟の建物の敷地等に係る小規模宅地等の特例
PDF

「小規模宅地等の特例」は、相続税の合法的な節税アイテムの定番となっています。平成26年からは、二世帯住宅の敷地に対し同特例の適用範囲が広げられていますが、住宅が区分所有建物である場合には、注意が必要になっています。今回はQ&Aで解説しました。

No.620 2015.11.30 相続対策と相続税申告
遺留分制度の概要と減殺請求の方法
PDF

相続に伴う問題のもっとも大きいものは、遺産分割の問題です。遺産分割が大きく偏っている場合には、相続人間でもめごとが起こりやすくなります。その場合に大切なのが遺留分制度と減殺請求手続きの知識です。今回は、これらについて解説します。

No.618 2015.11.16 相続対策と相続税申告
遺産分割の概要と具体的な分割の方法・留意点について
PDF

相続人が複数いる場合、民法上、遺産はその複数の相続人の共有財産とされ、協議により遺産を分割することになります。
今回は、この遺産の分割について、具体的な方法や分割の時期等の留意点をまとめました。

No.614 2015.10.19 相続対策と相続税申告
現金の暦年贈与は法人で
PDF

高齢の資産家が孫に現金贈与をする場合、銀行などでは何かと面倒な手続きが必要になります。もらった孫のほうでも贈与税申告の問題が有ります。
そこで、資産管理会社を介在させた方法を考えてみました。

No.609 2015.09.08 不動産と税務相続対策と相続税申告
農地等の相続税の納税猶予及び免除制度の現在
PDF

農地等を相続した相続人で所定の要件を満たす場合、その相続人は、「農地等の相続税の納税猶予及び免除制度」を受けることができます。今回はここ10年の同制度の適用状況などについてまとめました。

No.605 2015.08.03 相続対策と相続税申告
生前贈与加算の対象とならない相続開始前3年以内の贈与
PDF

相続税の節税策として有望だとされているのが生前贈与です。早くから財産を贈与すれば、相続財産を減らすことができるからです。ただし、相続税の計算上、贈与財産が相続財産に加算される場合と加算されない場合があり、これを踏まえた贈与をすることが重要になっています。今回は、加算の対象とならない相続開始前3年以内の贈与について、まとめました。

No.600 2015.06.29 相続対策と相続税申告
被相続人が遺した連帯保証債務の相続税計算上の取扱い
PDF

被相続人が会社の経営者だった場合、会社の資金繰りの関係で会社の借入金について連帯保証をしているケースが少なくありません。今回はこうした連帯保証債務が相続税の計算上どのように扱われるかについてまとめました。