税理士法人タクトコンサルティングは相続対策・贈与・譲渡・事業承継など資産税専門の会計事務所です。相続税申告、遺産分割、生前贈与、民事信託・商事信託等、相続コンサルティング専門の税理士集団です。

TACTニュース

法人税の記事一覧34件の記事

No.597 2015.06.08 法人税
株式会社が株主に対し現物分配を行った場合の法人税法の取扱い
PDF

法人が株主等に対して行う「現物分配」では、法人と現物分配を受ける株主との資本関係によって適格現物分配に該当する場合と該当しない場合に区分されます。今回は、現物分配を行った法人の税務上の取扱いについてまとめました。

No.594 2015.05.18 法人税税制改正
平成27年度税制改正:法人税の受取配当等の益金不算入制度の見直し
PDF

平成27年度税制改正では法人税の注目されるべき改正事項がいくつかあります。今回は受取配当等の益金不算入制度が財政上の必要から一部縮小される事項について、まとめました。

No.583 2015.02.16 法人税
ヤフー事件の東京高裁判決に思う~地裁判決との違い
PDF

親会社が子会社を適格合併して子会社の欠損金を引き継いだことについて税務上否認され、その税務当局の処分を巡り、現在ヤフーと国税が裁判で、争っている事件が注目されています。今回は昨年11月に下されたその控訴審判
決について、1審判決との違いを洗いました。

No.579 2015.01.19 法人税
平成27年度税制改正大綱のうち、特定資産の買換え特例
PDF

不動産の買換えを行う場合に適用が検討される税制上の特例と言えば「特定資産の買換えの特例」です。このうち保有期間10年超の土地等を譲渡して国内にある土地等所定の要件を満たす資産への買換えをバックアップする「9号買換え」は昨年末で、適用期限が切れることになっていました。これが平成27年度税制改正大綱で制度の見直し・適用期限の延長が行われることとされました。今回はその内容を整理しました。

No.573 2014.12.01 不動産と税務法人税
法人が建物を取得又は建設した場合の法人税法上の取得価額の計算方法
PDF

法人が建物を取得した場合の取得価額を計算する場合には、そこに算入する費用がどのようなものかが問題となります。今回は取得価額に算入すべき費用や算入せず、損金算入できる費用について整理しました。

No.564 2014.09.29 法人税
法人が個人に無償又は時価よりも低い譲渡価額で非上場株式を譲渡した場合の税務
PDF

法人から個人へ非上場株式が譲渡される場合、取引される価額が時価なら、税務上、特に問題は起きません。しかし、無償や低額譲渡となると、事態は一挙に複雑になります。今回は、非上場株式が無償又は著しい低額で譲渡された場合の税務について掘り下げてみました。

No.560 2014.09.01 法人税相続対策と相続税申告
株式会社が役員の死亡退職金を不動産で給付した場合の税務上の留意点
PDF

同族の会社役員の死亡に際し支払われる死亡退職金は通常現金で支給されます。ところが、もともと役員が使用していた会社保有の社宅を退職金としてもらうということもあり得る選択です。今回は、現物不動産を死亡退職金とした場合の会社側、相続人側の税務について整理しました。

No.552 2014.06.24 法人税相続対策と相続税申告譲渡所得
公益法人等が個人から不動産を遺贈により寄附を受けた場合の課税関係
PDF

個人が公益社団法人などの公益法人に不動産を遺贈することは、広い意味合いでの相続対策などとして行われることがあります。その場合注意が必要なのが税金問題です。今回は、この課税関係についてまとめました。

No.550 2014.06.09 法人税相続対策と相続税申告譲渡所得
株式会社が個人から不動産を遺贈により取得した場合の課税関係
PDF

たとえば同族会社の事業のために使っている土地を相続の際、相続人間で、もめないようにするため会社に遺贈しようと考えた場合、注意したいのが税金の問題です。今回は、遺贈を受けた会社の法人税の問題や、個人が会社に遺贈した場合の譲渡所得税の問題などについて、整理しました。

No.543 2014.04.21 法人税
法人税法上の寄附金 最近の裁判例より
PDF

100%子会社が製造した製品の親会社への売買で、取引・決済後に行われたその価格の変更について寄附金該当性が争われた事件 (東京地裁・平26.1.24判決) があります。判決では、その変更による差額は寄附金に当たらないとの子会社の主張が認められました。今回はその判決の要点をまとめました。

No.532 2014.01.27 不動産と税務法人税
法人税法第22条4項の「一般に公正妥当と認められる会計処理の基準」
PDF

「特別目的会社を活用した不動産の流動化に係る譲渡人の会計処理に関する実務指針」では一定の条件に該当する不動産譲渡につき、譲渡ではなく金融取引として処理をするべきことを定めています。同指針は、企業会計上の公正妥当な会計処理の基準の一つですが、企業会計上の公正妥当な会計処理の基準は、無条件でそのまま、法人税法上の所得の金額の計算の基本となる「一般に公正妥当と認められる会計処理の基準(税会計処理基準)」と言うべきか否かが争点となった事件があります。今回は、この裁判の争点となった税会計処理基準の意義・考え方について掘り下げました。

No.520 2013.10.28 法人税
過大役員退職給与の裁判例(平成25年3月22日東京地裁判決)から②
PDF

 TACT NEWS No.516では、法人税法の過大役員退職金が争われたタイトルにある裁判例を取り上げました。今回はその続きです。役員退職金の過大部分の判定の際に考慮すべき「特殊の事情」「特有の事情」について掘り下げました。

No.516 2013.09.24 法人税
過大役員退職給与の裁判例(平成25年3月22日東京地裁判決)から
PDF

役員に支払った死亡退職金が税務上過大かどうかが争点となった裁判は少なくありません。今年3月、東京地方裁判所であった裁判では、この争点を審理するうえで最高功績倍率と平均功績倍率が問題になりました。今回はこれについて掘り下げます。

No.512 2013.08.26 法人税
法人が資産の借り手の場合の「リース取引」の税務
PDF

資産の貸し借りであっても、税務上売買と扱われる取引があります。「ファイナンスリース」がそれです。今回はファイナンスリ―すの取得価額をどのように求めるかについて、整理しました。