税理士法人タクトコンサルティングは相続対策・贈与・譲渡・事業承継など資産税専門の会計事務所です。相続税申告、遺産分割、生前贈与、民事信託・商事信託等、相続コンサルティング専門の税理士集団です。

TACTニュース

不動産と税務の記事一覧76件の記事

No.675 2017.02.07 不動産と税務
固定資産税:併用住宅付属駐車場が「住宅用地」と認定されるポイント
PDF

賃貸不動産の運用を考える場合、固定資産税はコストに当たるため、なるべく負担が少ない方がよいという考え方が成り立ちます。特に賃貸住宅等として運用する場合には、敷地部分について負担の少ない「住宅用地」と認められるかどうかがポイントです。今回は付属駐車場が「住宅用地」になるかどうかに関する最新の裁判例に注目しました。

No.672 2017.01.16 不動産と税務
消費税率の引上げの再延期に伴う住宅取得等資金の贈与に係る贈与税非課税制度の見直し
PDF

昨年11月に、いわゆる消費税率の引上げの再延期を定めた法律が施行されたことで、消費税率の引上げによる住宅市場への影響を平準化するための施策として設けられている贈与税の特例についても、実施のスケジュールが見なおされました。今回は、見直しの内容についてまとめました。

No.671 2017.01.10 不動産と税務
共有物の分割と不動産取得税
PDF

財産をやむなく共有名義で相続した後、トラブルを未然に防ぐため、共有物を分割することがよく行われます。特に不動産の場合には、現物自体を分割することが少なくありません。しかし、民法上、共有物の分割は現
物の分割のみにとどまりません。今回は、共有物の一部を換価して代金も含めた形での分割に不動産取得税の非課税規定の適用があるかどうか、争った裁判に注目しました。

No.664 2016.11.07 不動産と税務譲渡所得
所得税の中高層の買換えに係る特例(租税特別措置法37条の5第1項第2号)の適用要件
PDF

立地条件の良い土地を有効活用する場合にマンション等への立体買換えで検討されることの多いのが、表題の中高層の買換えに係る特例です。今回はこの特例の適用が可能な譲渡資産と買換資産の要件について整理しました。

No.657 2016.09.12 不動産と税務相続対策と相続税申告
【Q&A】貸家とその敷地を有する親が子に貸家を贈与後、敷地を無償で貸した場合の敷地の相続税法上の評価
PDF

賃貸住宅の運用をしている親が、子にその建物を贈与するという相続対策は、子のもとでの資金プール等につながることから検討課題に上がるものとなっています。今回は、その場合の敷地の相続税評価について考え方を整理しました。

No.653 2016.08.08 不動産と税務相続対策と相続税申告
共有の貸家の敷地の評価
PDF

貸家の敷地の相続税評価は通常、貸家建付地となります。これは複数の人により同じ持分で共有されている場合でも変わりません。問題は、貸家と敷地の持ち分が異なる場合です。今回は、そのようなケースについてスポットを当てました。

No.648 2016.07.04 不動産と税務
非居住者に支払う不動産譲渡対価の源泉徴収にご用心
PDF

個人や法人が非居住者から土地や建物などを買って譲渡対価を支払う場合には、原則として所得税等の源泉徴収をする義務が生じます。今回は、一見居住者に見えた非居住者への譲渡対価の支払いで裁判沙汰になったケースを紹介します。

No.646 2016.06.20 不動産と税務相続対策と相続税申告
相続した賃貸物件の賃料の帰属先と遺産分割について
PDF

会社が個人から債務免除を受けた場合、会社の税務や、会社の株主の税務の問題が生じます。今回は特に債務免除により株式の価値が増加し株主に対し贈与税が課税される場面について整理しました。

No.641 2016.05.13 不動産と税務相続対策と相続税申告
【Q&A】個人間で不動産を対価なしで名義変更した場合の税務上の取扱い
PDF

個人同士の間で対価のやり取りをすることなく、名義を変更すると通常、贈与税の問題が発生します。しかし、一定のやむを得ない理由に基づいて名義変更が行われた場合には、救済的な取扱いがなされることになっています。 今回は、こうした問題を整理しました。

No.640 2016.05.09 不動産と税務
住宅の譲渡損に係る特例の最近の適用状況
PDF

マイホームの買換えにともなって出た損失をカバーする税務上の特例が整備されています。この特例の適用件数の動向について、最新のデータをお伝えします。

No.636 2016.04.04 不動産と税務相続対策と相続税申告
【Q&A】不動産の贈与の履行後、合意により贈与契約を解除した場合の贈与
PDF

不動産を次世代に継がせる方法として贈与があります。意外にも不動産の贈与は少なくありませんが、不動産の評価額は大きく贈与税の負担が重くなる場合には、慎重な検討が必要になっています。今回は不動産の贈与契約を合意解除した場合について、整理しました。

No.634 2016.03.22 不動産と税務譲渡所得
所得税の固定資産の交換の特例:交換差金等に係る税務上の留意点
PDF

不動産の組替えで検討されることが少なくないのが、所得税の固定資産交換の特例です。今回は、交換で渡す資産と、交換でもらう資産の差額が20%以内であることというこの特例の要件の留意点について、まとめました。

No.633 2016.03.14 不動産と税務相続対策と相続税申告譲渡所得
空き家に係る譲渡所得の特例と小規模宅地等の特例
PDF

平成28年度税制改正では、一人住まいの親が亡くなって空き家になった実家を相続した子が売る場合に適用できる優遇税制「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」が新設されることになりました。今回はこの特例と小規模宅地等の特例の適用について考えました。

No.629 2016.02.08 不動産と税務税制改正
平成28年度の住宅取得促進関連の税制の改正動向
PDF

平成28年度税制改正大綱で示された住宅税制の改正は、不動産取得税・登録免許税・固定資産税の特例に関する適用期限の延長と、三世代同居の
ための住宅改修を支援する税制の創設が主なメニューです。今回はそれらをまとめました。

No.627 2016.01.25 その他不動産と税務
たまたま土地の譲渡があった場合の消費税の課税売上割合
PDF

事業者はリストラのため事業用土地の譲渡を行う場合があります。
土地の譲渡は消費税の非課税取引とされ、その対価は一般に大きな額になりますが、そのためその譲渡があった課税期間の課税売上割合は大きく低下します。今回はその場合の対応方法を整理しました。

No.626 2016.01.18 不動産と税務法人税譲渡所得
賃貸不動産の売買における固定資産税精算金の税務上の取扱い
PDF

不動産売買の取引慣行として行われている固定資産税の精算は、税務においては税金ではなく、譲渡対価として処理されるものです。今回は賃貸不動産を売買した場合の取扱いを整理しました。

No.625 2016.01.12 不動産と税務
配偶者控除で住宅等をもらう人が増えている
PDF

ベテラン夫婦の間で適用が認められている贈与税の配偶者控除の適用者が平成25年になって急激に増えました。今回は、その現象をリポートします。

No.617 2015.11.09 不動産と税務
生産緑地を宅地に転用する場合の留意点
PDF

市街化区域内の農地のうち生産緑地地区の指定を受けたものは、固定資産税等の税負担が軽減されるなど、税制上の優遇措置が受けられますが、宅地に転用する場合などでは、行為が制限されます。このため、宅地に転用等する場合には、所定の手続きが必要になります。今回は、一連の手続き等についてまとめました。

No.610 2015.09.14 不動産と税務譲渡所得
個人の特定の事業用資産の買換え特例(9号買換え)の改正〈課税の繰延割合の見直し〉
PDF

個人事業主が事業用不動産等を買い換えるのを支援する税制上の特例、特定の事業用資産の買換えの特例のうち、もっとも使い勝手の良い買換えパターン「9号買換え」は平成27年度税制改正で、買換え割合に関する改正がありました。これは、先ごろ施行された改正地域再生法に連動するもので、改正に伴う経過措置等に注意が必要になっています。今回は、そうした改正事項にスポットを当てました。

No.609 2015.09.08 不動産と税務相続対策と相続税申告
農地等の相続税の納税猶予及び免除制度の現在
PDF

農地等を相続した相続人で所定の要件を満たす場合、その相続人は、「農地等の相続税の納税猶予及び免除制度」を受けることができます。今回はここ10年の同制度の適用状況などについてまとめました。