税理士法人タクトコンサルティングは相続対策・贈与・譲渡・事業承継など資産税専門の会計事務所です。相続税申告、遺産分割、生前贈与、民事信託・商事信託等、相続コンサルティング専門の税理士集団です。

TACTニュース

不動産と税務の記事一覧76件の記事

No.608 2015.08.24 不動産と税務譲渡所得
【Q&A】共有持分の分割と所得税
PDF

土地を共同で相続した場合などで、後々トラブルが発生しないように持ち分を分割して共有者それぞれの単独名義にすることが行われます。この場合は所得税の課税関係はどのようになるのでしょうか?今回は、一筆の土地を分割する場合、二筆の共有土地をそれぞれ単独名義にする場合について、整理しました。

No.606 2015.08.11 不動産と税務税制改正
建物(住宅を除く)の貸付に係る消費税の適用税率の経過措置
PDF

消費税等の税率は平成29年4月1日以後の課税資産の譲渡等から10%に引き上げられる予定です。これに伴い、一定の契約等については、いわゆる経過措置が設けられています。今回は、住宅以外の建物の貸付に係る消費税の経過
措置について、まとめました。

No.604 2015.07.27 不動産と税務税制改正
住宅取得等資金の贈与に係る贈与税非課税制度の非課税限度
PDF

平成27年度税制改正で制度の延長・拡充が行われた住宅取得等資金の贈与に係る贈与税の非課税制度は、これから行われる消費税の税率引上げに伴う住宅の需給関係の変動等の平準化等を図るため、住宅の取得等に係る契約の時
期により非課税限度額を増減する政策が講じられています。今回は、その点にスポットを当てました。

No.593 2015.05.11 不動産と税務
建物の固定資産評価に対する審査申出等の現在
PDF

平成27年度は3年に1度の評価替えの年です。土地や建物の固定資産の評価額をチェック出来るチャンスです。そこで、今回は建物の評価に不服を申し出たケースで最近注目される事案について、裁判例を取り上げました。

No.586 2015.03.09 不動産と税務相続対策と相続税申告
【Q&A】住宅取得等資金の贈与のあった年に贈与者が死亡した場合の税務
PDF

住宅取得等資金の贈与の非課税制度は、相続財産を減らすことで相続税の節税につながる制度として人気を集めています。今回は、贈与の有った年に贈与者が亡くなったケースについて、課税関係を整理しました。

No.585 2015.03.02 不動産と税務相続対策と相続税申告
土地の相続税評価額の「10%評価減」を巡る最近の事例
PDF

土地の相続税評価の取扱いで認められている「10%評価減」は、付近の土地の利用状況と比較して著しく利用価値が低下している土地の部分に適用できるものとされています。裁決事例から最近の動向を探りました。

No.578 2015.01.13 不動産と税務
住宅取得等資金の贈与の非課税制度の拡充とその背景
PDF

足元に景気刺激策等として「住宅取得等資金の贈与の非課税制度が与党の平成27年度税制改正大綱で延長・拡充されることが明らかになりました。今回は、この制度の改正の動向とこれまでの沿革、適用者数等についてまとめま した。

 

No.573 2014.12.01 不動産と税務法人税
法人が建物を取得又は建設した場合の法人税法上の取得価額の計算方法
PDF

法人が建物を取得した場合の取得価額を計算する場合には、そこに算入する費用がどのようなものかが問題となります。今回は取得価額に算入すべき費用や算入せず、損金算入できる費用について整理しました。

No.549 2014.06.02 不動産と税務
認定(長期優良)住宅を新築等した場合の税額控除
PDF

認定長期優良住宅を新築した場合には、いわゆる住宅借入金等特別控除のほかに、投資減税(認定(長期優良)住宅を新築等した場合の税額控除)の適用が可能です。この投資減税は、借入金がなくても適用できるところがポイントです。そこで、今回は贈与を絡めた利用方法を考えてみました。

No.548 2014.05.26 不動産と税務
個人所有の不動産が収用等された場合の譲渡所得の特例
PDF

個人の譲渡所得に関する課税の特例の中で一番適用件数が多いのが、この収用関係の特例です。今回は、この「収用等に伴い代替資産を取得した場合の特例」と「5,000万円特別控除」の内容と手続についてまとめました。

No.534 2014.02.10 不動産と税務
個人が賃貸マンションの修繕積立金を管理組合に支払った場合の必要経費算入時期
PDF

賃貸マンションを保有し運用する人にとって、修繕積立金はいわば支出と同時に必要経費として処理したいものです。しかし原則ではそのようにはなっていません。ただし、「特例」も用意されています。今回はこの問題を整理しました。

No.532 2014.01.27 不動産と税務法人税
法人税法第22条4項の「一般に公正妥当と認められる会計処理の基準」
PDF

「特別目的会社を活用した不動産の流動化に係る譲渡人の会計処理に関する実務指針」では一定の条件に該当する不動産譲渡につき、譲渡ではなく金融取引として処理をするべきことを定めています。同指針は、企業会計上の公正妥当な会計処理の基準の一つですが、企業会計上の公正妥当な会計処理の基準は、無条件でそのまま、法人税法上の所得の金額の計算の基本となる「一般に公正妥当と認められる会計処理の基準(税会計処理基準)」と言うべきか否かが争点となった事件があります。今回は、この裁判の争点となった税会計処理基準の意義・考え方について掘り下げました。

No.530 2014.01.14 不動産と税務
貸家建築のため既存建物を取壊した場合の取壊し損失等に係る所得税の取扱い
PDF

賃貸住宅経営に新たに参入したり、その規模を拡大する際、よい立地に建つ古い建物を取壊して新たに建物を新築することがしばしば行われます。これを個人が行った場合、取壊し費用などの扱いに注意が必要になっています。今回は、この問題を整理しました。

No.509 2013.07.29 不動産と税務譲渡所得
自宅家屋を取壊して敷地を譲渡した場合の譲渡所得の3,000万円控除の取扱い②
PDF

住まいを売却して利益が出た場合に利用されるのがいわゆる3,000万円控除ですが、敷地だけを売る場合には、何かと注意しなければならないこともあります。今回は、売買契約締結後に建物を取り壊した場合での3,000万円控除の適用について考えました。

No.507 2013.07.16 不動産と税務
自宅家屋を取壊して敷地を譲渡した場合の譲渡所得の3,000万円控除の取扱い①
PDF

マイホームを売却して売却益が出た場合、譲渡所得税がかかります。しかし、いわゆる3,000万円控除という大変便利な特例が利用できるため、
譲渡所得税の心配をそれほどしなくても済んでいるのが現状ではないでしょうか?ただし、適用要件をしっかりチェックしてクリアしないと、適用は受
けられません。今回は家屋を取り壊して敷地を譲渡するケースについて整理しました。

No.498 2013.03.11 不動産と税務組織再編
1月1日をまたぐ建て替えでは固定資産税にご用心
PDF

消費税の税率引上げが迫っていることもあって、住宅などの建て替えを急ぐ考えの人が少なくないと思います。ただ、1月1日をまたぐ建て替えでは、固定資産税にも注意が必要です。今回は、1月1日をまたいだ住宅の建て替えに係る固定資産税のトラブル事例を検証します。