税理士法人タクトコンサルティングは相続対策・贈与・譲渡・事業承継など資産税専門の会計事務所です。相続税申告、遺産分割、生前贈与、民事信託・商事信託等、相続コンサルティング専門の税理士集団です。

TACTトピックス

不動産や株式などの財産の相続・贈与・譲渡、保有等の税務に関する最新情報をお届けしています。

2019.07.22東京都23区の相続税 平成29年分の課税割合上昇続く

平成29年分の相続税の課税割合で東京23区の値が明らかになりました。

これは東京国税局が先ごろ公表した相続税の平成29年分の統計年報で、税務署ごとの相続税の課税対象となった被相続人の人数があきらかになったことから、最新データの試算が可能になったためです。

課税割合とは、相続税の課税対象となった被相続人の割合のことです。相続税の課税対象となった被相続人の人数をベースに試算しています。

平成29年の人口動態統計の確定値によると23区合計の死亡者数は7万8,278人、相続税の課税対象者は、13,467人で、23区全体の課税割合は17.20%でした。これは28年分の割合である16.76%から0.44ポイント上昇した値になります。

23区のうち、相続税の対象となった被相続人の人数が最も多かったのは世田谷区で1,922人。これについで杉並区が1,179人、練馬区がともに1,084人となっています。課税割合(%)の値の大きい順に10番目までを並べると次の通りです。ご覧の通り、亡くなられた人の4人に1人以上は相続税の課税対象になる状況となっています。

割合
1 千代田区 36.85
2 渋谷区 32.83
3 港区 31.63
4 目黒区 29.28
5 文京区 28.81
6 世田谷区 28.55
7 杉並区 27.01
8 中央区 24.20
9 新宿区 21.55
10 中野区 20.10

[ 遠藤 純一 ]

当サイトに掲載の文章等の無断転載を禁じます。
全ての著作権は税理士法人タクトコンサルティングに帰属します。
無断使用、無断転載が発覚した場合は法的措置をとらせていただきます。