税理士法人タクトコンサルティングは相続対策・贈与・譲渡・事業承継など資産税専門の会計事務所です。相続税申告、遺産分割、生前贈与、民事信託・商事信託等、相続コンサルティング専門の税理士集団です。

TACTトピックス

不動産や株式などの財産の相続・贈与・譲渡、保有等の税務に関する最新情報をお届けしています。

2019.07.16相続税の課税対象となった被相続人の割合が増加中

各地の国税局が相続税の統計年報を公表したことにより、平成29年分の都道府県別の相続税の課税割合がわかりました。

課税割合とは、1年間に亡くなった人に対する相続税の対象になった被相続人の割合のことです。

平成29年の都道府県別の課税割合のうち、割合の多い順で10位までに入るのは次の通りです。

順位都府県課税割合(%)増減(ポイント)
1 東京 16.1 0.3
2 愛知 13.9 -0.1
3 神奈川 12.9 0.3
4 埼玉 10.1 0.3
5 静岡 9.9 0.3
6 京都 9.8 0.7
7 奈良 9.5 0.2
8 大阪 8.7 0.4
9 兵庫 8.7 -0.2
10 千葉 8.6 0.4

ちなみに、平成29年の全国ベースの課税割合(平成29年中の亡くなった人に対する相続税の対象になった被相続人の割合)は8.3%でした。

[ 遠藤 純一 ]

当サイトに掲載の文章等の無断転載を禁じます。
全ての著作権は税理士法人タクトコンサルティングに帰属します。
無断使用、無断転載が発覚した場合は法的措置をとらせていただきます。