商事信託媒介
(信託契約代理業務)

タクトコンサルティングでは、お客様の要望に広く応えるため、民事信託を活用した相続・事業承継のコンサルティングだけでなく、ほがらか信託株式会社の信託契約代理店として商事信託の媒介もしております。

不動産管理信託

大切な不動産を家族の将来のために

不動産が共有となることにより生じるトラブルや管理等の負担を軽くし、不動産をご家族の将来のために継承するのが、不動産管理信託です。

  • 共有名義の賃貸物件の管理が大変だ。
  • 共有者に子供がいて、さらに共有者が増えそうだ。
  • 私が死亡したら、誰かに賃貸物件を管理してもらい、収益は障がいをもつ子供に渡してほしい。

事例:母・長女・長男の3人で相続した共有賃貸物件を信託で管理したい

不動産管理信託のメリットは?

  • 一人の指図者のみによる共有不動産の管理が可能になります。
  • 賃料収入の分配の手間が省けます。
  • 相続が発生しても契約で決められたとおり管理が継続します。
  • 予め管理
  • 処分等の方法や収益の分配方法を決めておけるので、万が一認知症になってしまってもご本人のご希望を叶えることができます。
  • 障害をもつ子のために賃貸物件を信託すると、親亡き後の障がいをもつ子の生活のために管理し、収益は契約のとおり子の生活費や施設費等に当てることができます。

特定贈与信託の取扱いもあります。(金銭だけでなく不動産も可能です。)

自社株承継信託

信託の基本的な仕組み

信託の基本的な仕組み

  • 経営者が引き続き経営権(議決権指図権)を確保しながら、後継者に自社株(配当受取権)の承継(みなし贈与)を行う信託契約です。
  • 経営者は議決権指図権を確保しながら、後継者は「信託収益」(配当の受け取り)を享受することができます。
  • 信託契約開始後は、自社株は受託者に移転し、受託者は委託者の議決権指図権に従い、議決権を行使します。
  • 信託契約終了時において、自社株が受益者に交付され、後継者への経営権譲渡が完了します。

金銭管理信託(らくらく生活管理信託)

事例:3000万円預けて毎月5万円ずつ受け取り、私に相続が開始されたときは、妻がお金を受け取れるようにしたい。

らくらく生活管理信託のあんしんポイント

  • 経営者が引き続き経営権(議決権指図権)を確保しながら、後継者に自社株(配当受取権)の承継(みなし贈与)を行う信託契約です。
  • 経営者は議決権指図権を確保しながら、後継者は「信託収益」(配当の受け取り)を享受することができます。
  • 信託契約開始後は、自社株は受託者に移転し、受託者は委託者の議決権指図権に従い、議決権を行使します。
  • 信託契約終了時において、自社株が受益者に交付され、後継者への経営権譲渡が完了します。